2012.09.12

遠藤保仁「相手がどういう出方で来てもしっかり対応できる」/イラク戦

フル出場して勝利に貢献した遠藤

 日本代表は11日、ブラジル・ワールドカップアジア最終予選でイラク代表と激突し、前田遼一の得点により、1-0で勝利した。

 試合後に日本代表の遠藤保仁は、以下のように語った。

―相手の10番が出ないというのは最初からミーティングで?
「はい。予想通りでした。どういう意図でやっているかは知らないですけれども、予想では5番、10番は出ないと予想はしていたので。出てきたとしてもしっかり対応できていたと思いますし、ディフェンスラインもしっかり集中していたと思うので」

―監督には情報が入っていたのか?
「どうなんですかね。監督に聞いたので。僕らは映像は見ましたけども、韓国遠征には帯同していなかったですし、前線の選手は若くてアグレッシブにフレッ シュな選手が入ってくるんじゃないかというのは、しっかりと頭には入っていたので、しっかり対応できていたと思いますけど」

―(中盤の3人に)3枚つかれても試合の中ですぐ対応できたのは、個の力で上回っていたからか、それともチームとしての対応力が幅広くなってきたからか?
「向こうがどういう出方で来てもしっかり対応できるということはあるとは思いますし。もちろん個もあると思うので、どちらもしっかりと。コミュニケーショ ンもしっかりとれていましたし、ボールが止まった時だとか、監督と話したりチームメートと話したりして、こういうふうにやっていければいいんじゃないかと いうのは話し合いで早い段階で気づいたというのは非常に、自分たちが有利に試合を進められたポイントだとは思いますね」

―香川(真司)選手がいなかった影響は?
「いや、今日もいい仕事していたと思いますし。もちろんいればね、なんでもできる選手なので、違った展開もあったかもしれませんけど。十分機能したとは思 うので。できたらもうちょっと完璧に崩した形をね、できればよかったですけど。勝ち点3を取ることがなによりなので、目標が達成できたのは良かったと思い ますね」

―本田(圭佑)選手が前を向く形が少なかったが?
「マンマークつかれていたら、なかなか前向けないですし。逆に僕らも、なかなかフリーでもらうっていうのはなかなか難しいとは思うので。後半に何度かビッグチャンスありましたけども、あそこで仕事してくれればそれでいいと思うので」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る