2012.09.12

無得点に終わった本田圭佑「ゴールはケチャップのようなもの」/イラク戦

 日本代表は11日、ブラジル・ワールドカップアジア最終予選でイラク代表と激突し、前田遼一の得点により、1-0で勝利した。

 試合後に日本代表の本田圭佑は、以下のように語った。

「勝てたことは大きかったですね。それが一番の収穫であり、あと個人的にはやっぱり決定力というところの不足を露呈した2試合かなというふうに思います。 後半はね、必ずああいうチャンスが来ると思っていただけに。あれは清武(弘嗣)からパスも事前に、あそこが空いてくるからあそこに出せということを事前に 言っていてもらうぐらい、もう決めていれば完璧なゴールだったんですけれども。あそこを決めきれるか決め切れないかという、ちょっとした差ですけど。やっ ぱりビッグゲームになってくるとあそこが、命取りになると思うし。どうやったら改善されるのかといったらすごいシンプルで、続けるしかない。何本外しても そこをね、誰か名ストライカーが言っていたのを思い出すんですけど。ゴールというのはケチャップのようなものといって、出ないときは出ないけど、出るとき はドバドバと出ると。誰が言っていたか覚えていないけど、そういうものだと思うし。外しているときはどうしても悲観的になりがちだけど、しっかりと反省し たらしっかりと前を向いて、次の試合は取れる自信もあるし。そういうつもりで前を向いて。しっかり自分もクオリティというものを高めていきたいなと思いま す」

「マンツー(マンツーマン)だったので。僕のそのやり方というか、オランダ時代によくマンツーでつかれていたんですけれど。今日も正直試合始まる前から、 おそらくマンツーだろうなというのは、なんとなく予測できていたんで。そのイメージもしていて。だから試合前からゴールのパターンというのもイメージでき ていて。相手の死角に入った時がチャンスだっていうのはわかっていたので、相手の見えているところで個人技でどうこうとかじゃなくて。やっぱり消える動き がポイントかなというのは、やっぱり試合前から意識していたので。前半は相手も頑張っていた分そのスペースというのはなかったけど、後半は必ず絶対そこは できると思っていたので、動きまでは、もらうまではパスも狙い通りでしたね」

―試合後にザッケローニ監督がすぐさま近寄ってきていたが?
「監督はゴール取れというか。やっぱりそこを満足いっていないみたいで、普段から僕にはこっぴどく、もっとゴール取れると。僕自身、自分自身に対してゴー ルというのは普段から求めているんですけれども。なかなか人からね、もっとゴール取れって言ってくれる人はなかなか少ないから。僕にとっては本当に貴重 な、監督としてというよりは、アドバイスをくれる人として、貴重な存在だなというふうには思いますね。全然僕に対して満足している素振りは一切見られない ので、これはいい傾向にあるなと僕は思っています。それに期待にひとつひとつ応えていきたいなとは思います」

「そもそもコミュニケーションを取りづらいというのはあるのでね。監督とはカタコトの英語なんですけど。どこまで僕が言っていることが伝わっているかわか らないですけど。消える動きは何度かしていると、そのタイミングで出ていない場面はあるみたいな話を僕なりにはしていて。そうすればもっとゴールに向けた んではないかと、一応僕は言っていましたけど。監督からしたらそんなのどっちでもいいという感じでしょうね。それは言われていないですけど、とりあえず1 本でもチャンスあれば取れというところなんでしょうね」

「あんまりお互いがしっかりとコミュニケーションを直接取れないぐらいがちょうどいい感じですよね。こう言いたいのかなみたいな。向こうも同じようなこと思っているでしょうけど」

―長友佑都とも結構しゃべっていたが?
「佑都はやっぱり、僕もそうなんですけれども。みんなやっぱり、今日は相手がしっかりサッカーをしてこなかった分だけ不完全燃焼だったと思うんですよね。 自分たちの良さを活かすと言うよりはイラクは、僕らの良さを消すことだけに集中した試合だっただけに。どうしても良いサッカーというものは見せる事ができ なかったので。佑都と僕は、特に佑都はね、そこは納得いっていなかったみたいで、もっと走りたかったみたいですよ」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る