2012.09.10

香川真司「勝利すればW杯出場が近づく大事な試合」/イラク戦

UAE戦では前半のみのプレーとなった香川

 11日に行われるブラジル・ワールドカップのアジア最終予選で、日本代表はイラク代表と対戦する。

 以下、香川真司、吉田麻也らのコメント。

香川真司
――イラクの印象は?
「トップの選手とトップ下の選手は得点能力が高いから、そこはしっかりとケアしないと。取られ方が悪ければピンチになる」

――相手を崩すポイントは?
「チームとしての意図している攻撃ができた時は良い形が作れていると思う。その回数を増やしたい。あとは決めるところ。最初の2試合(オマーン戦とヨルダン戦)は、ゴールを決られているから楽に試合を運べている。次の相手は難しくなると思うけど、前半のうちに決めるところで決められれば楽な戦いができる」

――チームを楽にするゴールはまだ決められていないが?
「一つ結果を残したい。勝利すればワールドカップが近づくと思っているし、本当に大事なホームの試合だから勝ちたい」

吉田麻也
――守備陣の修正をする時間は取れたか?
「ずっと言い続けているけど、3人(今野泰幸、栗原勇蔵、内田篤人)が出られないのは変えられない。現状のチームでやらないといけないし、他の選手にとっては良いチャンス。チームの層を厚くするという意味でも大事な一戦になる。勝てばブラジルが大きく近づく試合でもある。ホームアドバンテージを生かしていきたいなと。いつもより長く準備する期間はあったし、しっかりやってきたつもり。いい準備をして、試合に挑みたい」

――イラクには様々なアタッカーがいるが、対処法は?
「一対一ではなくて、チームとして守っていけば問題ない。今までもそれで多くの試合を勝ってきた。自信はもちろんある。僕らが攻めている時間に、いつものようにしっかりリスクマネジメントできるようにしたい」

――良いフィードが出ればチャンスになると思うが?
「ずっと高い位置でボールを回せるように、高い位置で奪えるようにということを意識している。そうすれば、より早く相手のゴール前に近づけると思うし、高い位置でボールをキープし、カットすることで相手の弱点を突いていける」

伊野波雅彦
――足の状態は? 思ったように回復していないようだが?
「しょうがない。(注射は)打つ。その価値はあるから。今までは迷いがあったけど、それを払拭して自分の持っているものを全て出せればいい。迷いなくやりたい」

――ビデオで見たイラクの印象は?
「動き出しが上手い。5番(ナシャト)と10番(マフムード)はお互いを分かり合っている感じだから、そこは気をつけないといけない。出場したら、監督の期待に応えられるように頑張りたい」

槙野智章
――途中合流だがコンディションは?
「合流してすぐ試合だけど、他の選手より試合(天皇杯2回戦)をこなしているし、日本にいるからコンディションは問題ない。天皇杯は日中の暑い中での試合だったけど、次の日に合流してガッツリ練習もした。とにかく少しでもチームに貢献できるように準備したい」

――チーム状態については?
「キリンチャレンジカップで勝ったけれど、その中で成果も課題も出た。(イラク戦までの)合間で、その課題に取り組んでやっている。昨日も今日も良い雰囲気と、ピリっとした雰囲気の中でやれている」

――イラクの印象は?
「映像は見たけど、特に前線には能力の高い選手が揃っている。そういう選手はしっかり気をつけたい。練習後、DF陣で集まって話をしたし、攻撃している時こそリスクマネジメントをしっかりしようと監督からも話があった」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る