2012.09.10

ザック監督「対戦相手を尊重しながらも勝利を求めたい」/イラク戦

6日に行われたUAE戦で指揮を執るザッケローニ監督

 11日に行われるブラジル・ワールドカップのアジア最終予選で、日本代表はイラク代表と対戦する。日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は試合の前日記者会見で、以下のように意気込みを語った。

「ようやく最終予選の試合に臨める。我々は、この予選を何とか勝ち抜くためにやっているから、試合に臨めて嬉しい。明日は非常にデリケートな戦い。対戦す るイラクは、このグループでかなり強いチームだと思っている。3次予選でも見事な戦いで勝ち抜いてきた。技術とフィジカルもある。準備期間はそれほど長く なかったが、それでも明日の試合に向けて良い準備ができた。とはいえ(アジア最終予選の)スケジュールは、ようやく半分となる。どういう試合になるか分か らないが、対戦相手を尊重しながらも勝利を求めたい」

―前回のホームでの2試合(オマーン戦とヨルダン戦)との違いは?
「唯一の違いは、これまでの2試合は6月で、欧州のシーズンが終わりだったこと。今はシーズンの始まりの時期となる」

―UAE戦後、スタメンは8、9人決まっていると話していた。11人は決めたか?
「現時点でまだ悩みはある。それは選手のコンディションのこと」

―6月と比べて、選手のコンディションに問題があるのか?
「実際には明日の試合をやってみないと読み切れないところがある。6月はシーズンの終わりで、9月はシーズンの始まり。欧州では、まだリーグのリズム自体が、そこまで高まっていない。だから、コンディションは読み切れない部分がある」

―勝負のかかった試合は非公開だが、(イラク代表監督の)ジーコは完全公開だった
「監督が全員同じタイプなら入れ替える必要はない。ジーコ監督が公開するタイプだということが分かっていたら見にいきたかった(笑)」

―急増のディフェンスラインについて不安はあるか?
「ディフェンスラインは最も入れ替えがあった。検討する必要があったのは皆さんもご存じのとおり。良い状態でトレーニングできたし、コンディションも良い。選手を信頼している」

―好調な選手がいる一方で、信頼できる選手もいる。どちらを重視して先発を決めるか?
「選手選考の基準はそれだけでない。技術面や戦術面、経験の面やパーソナルの面、そういったものに、フィジカルコンディションも加味して考える。それらを総合して検討するやり方にしている」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る