FOLLOW US

ジーコ監督「日本での15年が実りあるものと自覚でき、とても幸せな気分」

 11日に行われるブラジル・ワールドカップのアジア最終予選で日本代表はイラク代表と対戦する。過去に日本代表を率いた経験を持つイラク代表のジーコ監督が、日本への思いを以下のように語った。

「日本のサポーターには感謝を言いたい。また戻ってきて、皆さんに温かく接してもらい、写真を撮ったり握手をしたり、抱きついたりしてくれた。日本での15年が実りあるものだったと自覚し、とても幸せな気分になったよ」

「神様に感謝したいのは、世界のサッカーが盛り上がるのはサポーターがいるから。私もイラクの監督として、いずれ自国のスタジアムが6万、7万のサポー ターに埋め尽くされ、チームをサポートするような光景を早く見たいね。日本のサポーターは今後も日本代表を応援してほしい。私も日本のサッカーに貢献する ことができて嬉しい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO