2012.09.07

香川真司「イラク戦ではいい形を作ってゴールを決めたい」/UAE戦

香川は試合後、無得点で終わったことを悔やんだ

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2012でUAE代表(アラブ首長国連邦)と対戦して、ハーフナー・マイクの得点で、1-0と勝利した。

 日本代表の香川真司と細貝萌は試合後、以下のように語った。

香川真司
―本田圭佑とポジションチェンジが多かったが?
「3人がうまく流動的に動けていたと思いますし、キヨ(清武弘嗣)と。そういうのを意識してやったところですけど、キヨが中に切れ込んできた時に1つチャンスがあったんで、そういうのは今後生かしていけるんじゃないかと思います」

―45分は物足りなかった?
「そうですね。もっとやりたかったですし、ゴールを決めたかった気持ちは常にあります。でもそれは監督が決めることなんで。説明? 特に何もないですけど。いい場面もありましたし、この暑さにはみんな苦戦していたと思うんで、それは次に向けていいトレーニングになったと思いますし、攻 撃の形も相手の中盤がすごく空いていたんで、イラクはどういう形で来るか分からないんで何とも言えないけど、いい形を作ってゴールを決めたいです」

細貝萌
―今日はアグレッシブに行って後ろの負担を軽くしていたが?
「もともと自分に関しては、できる限り周りの選手がラクになるようにハードワークだったりが大事になってくると思いますし、最初に入って2回くらい中央で ファウルしてしまったのはありましたけど、あのプレーに関しては自分のゴールを見てのファウルだったんで、対面しての1対1のファウルではなかったんで、 少し難しい部分はありましたけど、そういうセンターバックの指示を聞いたりとか、センターバック2人が楽になることは大事ですし、それは相手のチャンスが 少ないってことなので、そういう地味なところで勝負していこうと思っていますけど」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る