2012.09.06

ザック監督「結果より個人のコンディションを見極めたかった」/試合後会見

ザッケローニ監督(左端)は、試合後に狙いを明かした

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2012でUAE代表(アラブ首長国連邦)と対戦して、ハーフナー・マイクの得点で、1-0と勝利した。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、試合後の会見で以下のように語った。

「今日の試合はチェックの場という位置づけ。チームがピッチをどのように支配できるのか、個人の状態はどうかをチェックする場だった。個人的にはフレンド リーマッチと呼ばずテストマッチを呼びたいが、良いところも出れば悪いところも出る。時には良いコンビネーションができていたが、継続して良いプレーがで きなかった」

「今日はセンターFWにハーフナー(マイク)が入って、彼の特長を活かそうとクロスを何本も送ったが、低いボールばかりで彼の特長を生かせなかった。1本 良いボールが上がって、それを生かすことができた。直近に大切な試合があるときは、球際のところを行き切れないところが見受けられるが、今回もそうだっ た。試合の中でいつくかのプレーやアイディアで気に入った部分はあったが、それをもっと高い精度で出していかなければならないし、イラク戦ではそれをもっ と出していかないといけない」

―守備面で満足いかなかった点は?
「相手のストロングポイントにはある程度、上手に対応できていたが、チャレンジアンドカバーが成り立たない場面もあったのでそこは対応したい」

―低調なパフォーマンスは何が原因だったか?
「Jリーグ組はシーズンを折り返したところで、海外組は試合に出ている選手と出ていない選手、五輪に出場した選手と、コンディションにばらつきがあった。 連携時のスピードという部分で、これは慣れが関係するが、慣れていないチームメートとプレーするとどうしてもワンテンポ遅れてしまう。そこが足りなかった のかなと思う。今回は結果よりも個人のコンディションがどうか見極めることに重点を置いていた。個人的にはまあまあ満足しているし、観客も五輪世代のフ レッシュな選手が出場し、喜んでくれていると思う」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る