2012.08.16

ドローを振り返る本田圭佑「先制しただけに勝ちたかった」/ベネズエラ戦

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2012でベネズエラ代表と対戦。前半に遠藤保仁の得点で先制したが、後半に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 試合後に日本代表の本田圭佑と伊野波雅彦は以下のように語った。

本田圭佑
「先制しただけに勝ちたかったですね。課題? まあいくつかあると思うんですけど、しっかり連動しきれなかった場面がいくつかあったので、攻めに厚みが出せなかった」

「サイドに流れることもあったが、あれは意識していた? そうですね。中はプレッシャーが激しくなるので、中と外と動きながら、両サイドに顔を出すようにしていました」

「ギャップで受けるメリットは? 相手が嫌ですよね。得点にはこだわってプレーしているつもりです」

伊野波雅彦
「一発目でインターセプトに行って裏を取られて対応で混乱したが? 自分の思っていたプレーはできなかったですね」

「当てるにしても距離が長かったのでは? そうですね。そこを何本か狙われてたんで、そこを考えながらやっていたんですけど、そこでちょっと自分の焦りもあって近いところに当てて取られていましたし、思い通りにはいかなかったですね」

「これまでサイドで使われていたのに、ここへきてセンターで使われて戸惑いは? チームでもそのポジションをやっていますし、フォーメーションも変わらないし、気持ちの問題かなと思います」

「ベネズエラはプレスが厳しかったが? 相手がよかったかもしれないですけど、自分にとってはよくなかったですね。そのことだけしか残ってないです。まあでも修正していく部分はあるし、気持ちの問題だと思うんで、これで崩れずにやっていきたいです」

 

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング