2012.08.16

ザッケローニ監督「DFラインに関しては及第点以上の出来」/ベネズエラ戦

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2012でベネズエラ代表と対戦。前半に遠藤保仁の得点で先制したが、後半に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 試合後に日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は以下のように語った。

「フレンドリーマッチとは言え、勝てないのはあまり好きではないなという感じです。選手にもよく話はするが、私にとってフレンドリーマッチというのは、ある種のテストマッチという話をしていますので、やはりそれ相応のリアクションというのは欲しかったなと思います」

「それなりのリアクションということですが、個人的には想定以上のものが返ってきたのではないかと思っていて。伊野波(雅彦)にはコンディションが100 ではないなかで、トライをして欲しいとお願いをしましたし、後半プレーした水本(裕貴)選手にしても、良いテストになったのではないかと思っています。右 サイドバックの駒野(友一)のところで、彼は常にこの代表チームでプレーしているわけではないというところで、彼のところもテストをしたかったんですけれ ども、今野(泰幸)のいないディフェンスラインに入ってどの程度できるかということを見たかったわけですけれども、ポジティブなリアクションが帰ってきた と思います。話を総括しますと、守備のところは話しましたが、ディフェンスラインに関しては及第点以上の出来だったのではないかなと思います」

「また、中盤のところも輝きが保たれていた間は、つまり前半プラス何分かというところはかなり良い出来だったのではないかなと思います。途中、中盤のとこ ろでペースが落ちたという風に思われるかもしれないが、その理由としても長谷部(誠)のところではドイツでリーグ戦に1試合も出ていませんし、本田圭佑に 関しても昨日到着したばかりなので、その辺が理由なんではないかと思います」

「前線に関しても非常に活発な動きで、非常に動きを出していたなと思いますし、そういった意味では良かったなという風に思いますけれど、その動きの割にし てはシュートの数が少なかったのではないかと思っています。また失点シーンに関しては、ほとんどチャンスは作られなかったと思っているんですけれども、カ ウンターのところからやられてしまったと。アタッキングサードのところでボールを失ってしまって、そこを起点としたカウンターを食らってしまった。(アジ ア3次予選の)ウズベキスタン戦を思い起こさせるようなゴールだった。なので、そういった意味ではやはり修正しなければならない課題もあったという風に思 います」

「ここ最近のゲームで言うと、90分間高いリズムで継続して良いプレーを出せていた、良いコンビネーションを出していたと思うんですけれども、今日のゲー ムに関しては、先ほど挙げた幾つかの要素が重なってなかなか90分間それを出すことができなかった。やはりそういった狭いスペースのところでスピードのな いプレーを繰り返してしまうと南米のチームや我々よりもフィジカルが強いチームに対しては、そういうフィジカルのところで押し込まれてしまう傾向がある」

「あとは最近の試合と比較してみると、やはり攻撃のところでのシュートの数も足りませんでしたし、裏のスペースを使うという意識も裏のスペースに抜けると いう動きも足りなかったです。前線の選手のプレーに関しては、非常に絡んで参加してくれたと思っていますけど。やはりゴール前で裏のスペースに飛び出すと いうのが、少し足りなかったような気がする。何回も見られましたが、我々は足元足元で受けるのではなく、スペースのところにスピードを持ってボールを運ん だ時に良いチャンスが作れているのではないかと思います。話を総括すると、守備が持っているコンセプトを出そうという姿勢も良かったですし、そういったも のが見られたという風に思いますけれど、やはり継続して、それを90分間出せなかったということは課題が残るのかなと思います。大切だと思っていることは すぐに先制したわけだが、そこである程度リスクマネージメントを取りながら2点目を奪いに行くという姿勢が見られたところは良かったなと思います」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る