2012.08.15

ザッケローニ監督「本田はFWもできるがトップ下で使いたい」/ベネズエラ戦

 日本代表は15日、キリンチャレンジカップ2012でベネズエラ代表と対戦。前半に遠藤保仁の得点で先制したが、後半に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 試合後に日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は以下のように語った。

―試合を振り返って
「前半はスタート直後にすぐ得点も奪えましたし、まあまあの出来だったんですけども。前半でもうちょっとチャンスを決めきれていたらなという感じですね。後半も我々はチャンスがあったんですけれども、試合のペースが落ちたかなという感触です」

―本田圭佑の1トップも試したが、狙いと収穫は
「本田に関しては、センターフォワードも十分にプレーできるという認識でいますけれども、基本的には彼はトップ下で考えています。今日の試合で試したかったのはディフェンスラインのところで、伊野波(雅彦)も良かったですし、水本(裕貴)も非常に良い出来だったと思います」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る