FOLLOW US

闘莉王が永井の身体能力に言及「スピードやジャンプがずば抜けている」

チームメートの永井の身体能力について言及した闘莉王

 東京・原宿のナイキ『UGOKIDASE STATION』が12日、グランドフィナーレを迎え、特別ゲストとして名古屋の田中マルクス闘莉王、元陸上選手の為末大氏、バスケットの竹内公輔(トヨタ自動車)が来場した。

 プレゼンターとして登場した闘莉王は、「スポーツのお祭りって感じで、さすがナイキだと思った。次は僕もジャンプのゲーム(NIKE+ TRIAL ZONE)に挑戦したいね。1メートルくらい飛べたら、もっといいヘディングできるんじゃないかな(笑)。家から出ていかなくても何でもできる時代。でも、やっぱり身体を動かすことは大事なことだし、気持ちいいものだと改めて思ってもらえればうれしいね」と言及した。

 また、「(名古屋の選手全員で競ったら)きっと永井(謙佑)が全部優勝すると思う(笑)。スピードやジャンプなど身体能力はずば抜けているからね。パワー系のミッションがあれば、増川(隆洋)かな。ハルクみたいな感じだよ。俺は走るのは苦手だけど、総合的にまあまあの順位だと思うかな」とコメント。アタッカー陣に負傷者が続出し、センターFWにコンバートされたことについては、「監督の頭の中に『闘莉王は前線でも使える』という印象を与えられたと思うけど、俺が最終ラインから抜けて何失点したと思う? やっぱり俺がいないと……。サッカーは守備が重要だよ」と直近の公式戦3試合で8失点をしていることを嘆いた。

 ロンドン・オリンピックについては、「見ていて楽しかったね。(日本はメダルを逃して)もったいなかった。チャンスだったので残念だったね。だけど、世界に『日本はできる』ということを印象付けたと思うよ。(4年後のリオデジャネイロ大会は)盛り上がると思う。俺は引退しているだろうけど(笑)。何か力になれたらいいね」と話した。

[写真]=足立雅史


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO