2012.08.12

永井「スピードは通用した。まずは名古屋で頑張りたい」/帰国後コメント

手応えを感じる永井

 ロンドン・オリンピックを戦い終えたU−23日本代表は12日、成田空港に帰国した。日本はメダルこそ獲得できなかったものの、スペインを破るなどして44年ぶりとなるベスト4進出を成し遂げた。

 日本の躍進を支えた永井謙佑は大会を振り返り、以下のように語っている。

――今やりたいことは
「自分の布団で寝たい(笑)」

――足の状態は
「そんなに重いものではない。多分大丈夫だと思う。ケアだけはしっかりとやっていきたい」

――大会を終えて
「連戦になって、疲労が溜まった中で行う試合はきつかった。でも、自分のスピードは十分通用した。その部分をしっかり意識して、自信を持って今後に生かしていきたい」

――自分の中でベストのパフォーマンスを見せることができた試合は
「スペイン戦とモロッコ戦。あとは、(負傷もあって)そこまで出場できなかったこともあるから。(メキシコ戦以降は)ゴールができなかった」

――アルベルト・ザッケローニ監督から(永井選手を)現在のフル代表の1トップとして考えるのは難しいと言われた。どの部分を改善していくのか
「1トップもそんなにやっていないので、勝負するのだったらサイドになると思う。とりあえず今は所属チームに戻って、まずはフル代表よりも名古屋で。チームでもポジション争いなどがあるので、頑張ってやっていきたい」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る