2012.08.12

主将の吉田麻也「力の差を大会が進んでいくにつれて感じた」/帰国後コメント

主将としてチームを引っ張った吉田麻也

 ロンドン・オリンピックで44年ぶりとなるベスト4に進出したU-23日本代表が12日、成田空港着の飛行機で帰国した。

 主将の吉田麻也は帰国後、以下のように語った。

――帰ってきて率直な気持ちは
「空港で多くの人が出迎えてくれて、うれしかった反面、メダルを取れなくて申し訳ない気持ちになった」

――大会を振り返って
「自分に足りないものを吸収することができた大会だと思う。チームとしての力の差を大会が進んでいくにつれて一層感じた。グループリーグを突破したことはまぐれではないと思っているが、メダル獲得という壁をいかに破るための差を痛感した」

――この五輪で感じたことは
「アテネ五輪から続けてグループステージで敗退してきたので、この結果は評価できること。けれど、その中で何が悪くて、改善していかなければならないのか ということを突き詰めていかないと先はないと思っている。自分も含めて若いチームだし、大事なのはA代表に入ってから。ベスト4という結果に満足せず、こ の悔しさを糧にして2年後のワールドカップに向かっていきたい」

――キャプテンとしての仕事をこなした時は
「うまくいかない時に軌道修正したり。良い時は誰でもできるので、悪い時は流れを引き戻したりすることがキャプテンとしての仕事だと思う。それができたり、できなかったりしたので、そこで自身の力のなさを感じた」

――吉田選手は(北京を含めて)2度目の五輪だが
「もちろん、敗退の悔しさはあるが、今大会の方が、勝ち進んだ分、悔しさは大きかった。北京を含めたこの五輪だったし、オーバーエイジで選ばれたのにチームを助けられなかったので」

――15日にA代表の試合があるが
「自分が成長するためにこの大会に臨んだので、A代表では成長した姿を見せたい」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る