2012.08.10

韓国戦に臨むU-23代表…関塚監督「我々がやり続けてきたことを出す」/ロンドン五輪

 ロンドン・オリンピック、U-23日本代表は9日(日本時間10日未明)、3位決定戦の韓国戦に向けて、カーディフ市内の練習場で冒頭15分間以降は非公開で最終調整した。このチームとしては最後の練習となり、選手からは元気な声が盛んに飛び交っていた。清武弘嗣は「今日も選手間で話をしたし、またこのチームらしくうるさくなってきていい感じだと思います。このチームの最後の集大成として、関さん(関塚隆監督)にメダルをかけてあげたい」と引き締まった表情で語った。

 関塚監督は試合会場のミレニアムスタジアムで公式会見に臨み、「泣いても笑っても明日の1試合で終わり。とにかく明日勝つために準備をする」と語り、「アジアの代表2つでしっかりした戦いを見せて、我々が勝利する形で終わりたい」と、44年ぶりとなる銅メダル獲得に強い意欲を示した。

関塚監督
「とにかく我々がやり続けてきたことを出すことで勝利が生まれる。一体感を持ってやりたい。全員攻撃、全員守備をやりきりたい」

吉田麻也
「(日韓戦は)いつだって韓国とやる時は激しい試合になる。特に今回は(相手に)すごくいいタレントが揃っているし、兵役免除もかかって厳しい試合になる。技術的なことはあるが、気持ちの面が左右する。最後は気持ちになる。(選手でミーティングを開き)特別に言うこともないし、みんな理解しているけど、最後の戦いに向けて改めて頑張ろうという話をした」

大津祐樹
「韓国とやるというのは、大きい対決なんで勝ちたい。メダルを獲るという意味でも勝ちたい。もちろんゴールは狙い続けるし、しっかり結果を出したい。本当に大事な一戦なんで、疲労もあるけど笑って銅メダルを獲りたい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る