2012.08.09

ザック、今野らが出場停止のイラク戦へ向けて守備陣に重点「適任者を見極めたい」

最終予選で出場停止選手が続出している守備陣。水本(写真)らが招集されている

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は9日、キリンチャレンジカップ2012のベネズエラ戦(8月15日)に臨む代表メンバーを発表した。

「オリンピックでの活躍で日本サッカー界はいい雰囲気。彼らから刺激を受けて頑張りたい」話すザッケローニ監督は、「今回は守備陣に重点を置きたい」とコメント。9月11日に行われるワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦で今野泰幸、栗原勇蔵、内田篤人が出場停止となる守備陣の修正を今回の課題に挙げた。

 ザッケローニ監督は、「イラク戦に向けて、ベネズエラ戦、UAE戦(9月6日)をテストの場にしたい」とし、岩政大樹、伊野波雅彦、水本裕貴のセンターバック候補については、「伊野波、水本はスピードのあるディフェンダー。岩政は空中戦で強さを発揮する。彼らを含めてどういった構成がいいのか、誰が適任なのかを見極めていきたい」とコメントしている。

 また、対戦するベネズエラについては、「昨年の南米選手権でベスト4に入っている実力国。そして南米のチームはフレンドリーマッチでも強い気持ちを持って戦ってくるので、イラク戦に向けて良いテストになる」と分析。

 ジーコ監督の契約問題で揺れるイラク代表については、「ピッチに契約書を持ってくるわけではない。イタリアは過去2度ワールドカップを制しているが、その時はいずれもピッチ外で問題が起きていた」とコメント。ピッチ外の問題は試合と関係ないとしている。

[写真]=兼子愼一郎

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る