2012.08.08

U-23代表の関塚監督「向こうのほうが1つ上手だった」/メキシコ戦

 ロンドン・オリンピック準決勝が7日に行われ、U-23日本代表はU-23メキシコ代表と対戦し、1-3で敗戦。史上初となる決勝進出を逃した。

 試合後にU-23日本代表の関塚隆監督は、以下のように語った。

「勝つために準備してやったが、先制して立ち上がりは良かったが、だんだん足が止まった。そこがもう1つ、自分たちのペースに持ってこられなかった。次、まだあるのでしっかり準備したい」

「(故障を負っていた永井謙佑に関しては)足の方は大丈夫、チェックして大丈夫だと。少し痛みはあるが頭から行かせようと決めた。メキシコはうまくスペースを抑えながら、(永井の特長は)消されたなという印象。メキシコの方が1つ、今日の試合では上手だったなと思う」

「(2失点目のミスについて)前半も最終ラインがコントロールしたところを完全にメキシコの選手が狙っていた。クリアして、次のコントロールしたところを 狙っていた。ハーフタイムにそれを回避しないと危険だぞと話していたが、やはり後半のところで出てしまった。残念だが、そういうプレーが出てしまったのが 2失点目だった」

「(3位決定戦に向けて)試合終了の時点では元気はなかったが、これからもう1試合あるので、精神的にもコンディション的にも整えて、もう1回、みんなで戦いたい」

 日本は10日、44年ぶりの銅メダル獲得をかけて3位決定戦で韓国と対戦する。

 

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る