2012.08.02

U-23日本代表、ホンジュラスに引き分けで予選無敗の1位で突破/ロンドン五輪

安定感抜群の守備を披露した吉田

 U-23日本代表はロンドン・オリンピックのグループリーグ最終戦でU-23ホンジュラスと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、無敗での決勝トーナメント進出を決めている。

 日本は第2戦のメンバーから清武弘嗣、永井謙佑らをベンチに置き、宇佐美貴史や杉本健勇らを先発で起用。5人を入れ替え、フレッシュなメンバーで試合に臨んだ。

 日本は序盤、ホンジュラスのフィジカルの強さや寄せの速さに苦しみ、主導権を握ることはできなかった。しかし、大津祐樹のキープ力や齋藤学のドリブルからチャンスを見出し、試合を進めていく。

 後半に入ると杉本にボールが収まるようになり、リズムが生まれた日本。後半途中からは清武、永井、東慶悟を投入し、さらにポゼッションを高めていく。

 結局、得点こそ挙げられなかった日本だったが、0-0に終わり、勝ち点1を奪取。最低限にして最重要のミッションだった引き分け以上という結果を手にしている。なお、日本は決勝トーナメント1回戦でエジプトと対戦する。

 

[写真]=Getty Images

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る