2012.08.01

1位通過に向け最終調整…大津「一番面白い状況。ワクワクしている」/ロンドン五輪

ホンジュラス戦での勝利を誓った大津

 ロンドン・オリンピックサッカー男子1次リーグD組第3戦で、日本はコベントリーで同組2位のホンジュラスと激突する。勝つか引き分けで1位突破が決ま る一戦に向け、日本は31日夕方(日本時間1日未明)、コベントリー市内の練習場で冒頭の25分間以降は非公開で最終調整を行った。ホンジュラスを想定し たセットプレーや攻守の戦術を改めて徹底し、主軸のMF東慶悟は「(1次リーグは)1位通過がベスト。今のチームなら行けると思う」と手応えを語った。モ ロッコ戦で決勝点を挙げたFW永井謙佑は「体調は大丈夫。(得点を決めて)またチームの勝利に貢献したい」と2戦連続ゴールに意欲を見せた。

 関塚隆監督は30日の公式会見で、ホンジュラス戦に向け「このグループの1位、2位が決定する一番ハードな試合になる」と話した。中2日の連戦が続き、 すでに決勝トーナメントへの進出も決めている優位な状況とあって、指揮官は「その時々のベストのメンバーで戦いたい。総力戦になると思う」と先発メンバー の変更に含みを持たせた。

 ホンジュラスに敗れてD組2位になると、準々決勝では強豪のブラジルと対戦する可能性が大きい。それだけに、主将のDF吉田麻也は「ホンジュラスに勝っ て1位通過する。そこがターゲット。結果を出せるように準備したい」と述べた。また、激戦の影響で荒れているピッチ状況に関して「芝のコンディションもベ ストではない。乾燥するとボールが伸びにくく、パスが通しにくくなる。水のまき方などをリクエストしたい」と語った。

 以下、その他の選手のコメント。

清武弘嗣
「1位で上がらないと意味がない。全部、勝っていく。誰が出ても『全員守備』から入っていく戦いは変わらない」

徳永悠平
「ホンジュラスはロングボールが多い。左サイドからいいボールが飛んでくるので、そのカバーをしっかりやりたい。基本的なことをやってゼロに抑えられれば、前が決めてくれる。いつも通り、我慢強く戦いたい」

大津祐樹
「(ホンジュラスがスペインに勝って)一番面白い状況になった。1位対決なのでワクワクする。1位で抜けたい気持ちが強い」

鈴木大輔
「(ここまでの2試合は)危ないシーンもありながら、ゼロに抑えているところが大きい。今は自信を持ってできている。ホンジュラスは個人能力が高いが、ゼロに抑えることにこだわってやっていきたい」

[写真]=Getty Images

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
31pt
鹿児島
29pt
沼津
28pt
Jリーグ順位をもっと見る