2012.07.30

FIFAが永井の決勝ゴールを称える「巧みなロブシュートで日本を救った」

モロッコ戦の決勝ゴールにFIFAも注目している

 U-23日本代表は29日、ロンドン・オリンピック1次リーグの第2戦でU-23モロッコ代表と対戦した。日本は永井謙佑の挙げた得点により1-0で勝利を収め、グループ2連勝でシドニー大会以来となる決勝トーナメント進出を決めた。

 

『FIFA.com』は、「永井が終盤に日本を救う」と見出しを立ててこの試合をレポート。決勝点のシーンを、「試合は0-0のまま終わるかに見えた。だが82分に清武弘嗣からのスルーパスを永井がしっかりとコントロールし、空いているゴールへ流し込んだ」と振り返った。

 

 また、「日本はゲームの中で成長を続けていた。永井の巧みなロブシュートは勝利を掴む価値が十分にあった」と日本の戦いぶりを称えている。

 

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る