FOLLOW US

スペイン紙が日本に賛辞「明らかに我々を凌駕していた」

 U-23日本代表は26日、イギリス・グラスゴーで行われたロンドン・オリンピック1次リーグの第1戦でU-23スペイン代表と対戦。大津祐樹のゴールが決勝点となり、日本が1-0で優勝候補を下した。

 敗れたスペイン各紙は、日本の戦いぶりを称賛。『ムンド・デポルティボ』は、「日本は明らかにスペインを凌駕していた」という見出しを付け、「偉大な日本にスペインは圧倒され、混乱した。技術の高さとスピードの速さは予想していたが、はるかに壮観なサッカーで試合を支配していた」と伝えている。

『マルカ』は、「前半、関塚隆監督の送り出した選手たちは、明確な戦略の元にピッチへ送り出された。後半はスペインが状況を好転させようとしたが、日本が粘り強く戦った」と分析している。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO