2012.07.26

スペイン戦に意気込む酒井宏「チームは一つになってきた」/U-23日本代表

酒井宏樹はスペイン戦に向け、意気込みを語った

 ロンドン・オリンピックは26日、女子サッカーに続いて、男子サッカーが開幕する。1次リーグD組初戦で優勝候補のスペインと対戦する日本は25日、グラスゴー市内の練習場で、冒頭15分間以降は完全非公開で最終調整した。ゲーム形式の練習で戦術、連係を確認し、セットプレーを入念にチェックした。1 トップで先発濃厚の名古屋FW永井謙佑は「集中力が切れたらボコボコにされる。切らさずにやっていく」と意欲を語り、ニュルンベルクのMF清武弘嗣は「スペインは強いチームだけど、自分たちも負けるつもりはない」と初戦必勝を宣言した。

 関塚監督は24日の公式会見で、スペイン戦に向け「結果と内容を突き詰めたい。自信と誇りを持って戦いに入りたい」と抱負を語った。主将に指名されたVVVフェンロのDF吉田麻也は「この大会を楽しみにしていて、気持ちは高ぶっている」と話し、命運を懸けた大一番に向け「初戦の重要性の比重は大きい。 オリンピックで活躍するためにはとても重要な試合になる」と意気込みを語った。

 公開された24日の戦術練習では主力組と控え組がミックスされ、ボルシアMGのFW大津祐樹は2列目の左サイド、FC東京のDF徳永悠平は左サイドバッ クに入った。大津は「どこで使われてもいいように準備している」、徳永は「連係、コミュニケーションは取れている。いい雰囲気、いい緊張感でスペイン戦を 迎えられる」と話した。

 以下、選手のコメント。

鈴木大輔
「スペインはボールを回しながらも、強烈な選手が前線にいる。ブロックを作ってボールを奪うイメージ。(フアン)マタが攻撃の中心で、1トップの選手(アドリアン)には展開力もある。センターバックとしては、1トップをしっかり抑えたい」

杉本健勇
「ガツガツ行けば、相手もミスをする。(途中出場の)ここ3試合はいい入り方ができている。チームのためにプレーして、それがゴールに繋がったら、自分が思い描くストーリーになる」

酒井宏樹
「チームは一つになってきた。一つの方向性を持ってできれば、いい戦いになる。ワクワクしているし、結果を求めたい。グループリーグを突破するためにも大きな試合になる。全力で結果を出したい」

 

[写真]=Akio Hayakawa/Photoraid.uk

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る