FOLLOW US

なでしこジャパン、強烈ミドル&PK被弾でアメリカに逆転負け…清家貴子の開始30秒弾実らず

2024.04.07

なでしこジャパンはアメリカに逆転負け [写真]=Getty Images

 2024 SheBelieves Cup・準決勝が6日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とアメリカ女子代表が対戦した。

 2月に行われたパリオリンピック2024女子サッカーアジア最終予選で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を下し、2大会連続6度目の本大会出場を決めたなでしこジャパン。スペイン、ブラジル、アフリカ予選1位突破国と激突する本大会に先立ち、今月はアメリカで開催される2024 SheBelieves Cupに参戦。現地時間6日に行われた準決勝では、FIFAランク4位でオリンピック過去4度の優勝を誇るアメリカと対戦した。

 開始からわずか30秒足らずでスコアが動く。谷川萌々子が敵陣右サイドの深い位置へロングボールを送ると、これに反応したのは清家貴子。ボックス内右に持ち運んで右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートが左ポストを叩いてネットを揺らした。早い時間帯で先制したなでしこジャパンは、15分にピンチを迎える。自陣でのビルドアップを奪われ、マロリー・ピューにボックス内からシュートを打たれたが、守屋都弥がライン上でクリアし事なきを得た。

 アメリカの攻撃を何とか凌いでいたなでしこジャパンだったが、21分に同点ゴールを献上。自陣でボールを奪われると、最後はジェディン・ショウにボックス手前中央から強烈なミドルシュートを叩き込まれた。その後も自陣でのビルドアップを狙われ、なかなか敵陣内へ侵入できないなでしこジャパン。36分にはマロリー・ピューにボックス内へ抜け出されたが、GK山下杏也加がタイミング良く距離を詰め、得点を与えない。前半はこのまま1-1で終了する。

 なでしこジャパンはハーフタイムで3枚替えを敢行。古賀塔子、杉田妃和、浜野まいかを投入する。しかし、後半も試合の主導権を握ったのはアメリカ。ボールを保持しつつ、サイドからのクロスを多用しチャンスを作る。58分、裏に抜け出したトリニティ・ロッドマンがボックス内からシュートを放つも、GK山下が好セーブ。我慢の時間が続くなでしこジャパンは、時折相手ゴールへ迫る場面を作るも、なかなかシュートに持ち込むことができない。

 その後も度々アメリカに決定機を作られるも、相手チームの決定力不足にも助けられ、1-1のまま試合は終盤を迎える。しかし76分、杉田がボックス内で相手選手を倒してしまい、アメリカにPKを献上。これをリンジー・ホランに決められ、逆転を許した。なでしこジャパンは最終盤にかけて何度かチャンスを作るも、最後まで同点ゴールを奪うことはできず、試合は1-2で終了した。

 敗れたなでしこジャパンは4月9日に行われる3位決定戦でカナダvsブラジルの敗者と対戦する。

【スコア】
なでしこジャパン 1-2 アメリカ女子代表

【得点者】
1-0 1分 清家貴子(なでしこジャパン
1-1 21分 ジェディン・ショウ(アメリカ女子代表)
1-2 77分 リンジー・ホラン(PK/アメリカ女子代表)

【スターティングメンバー】
なでしこジャパン(4-2-3-1)
GK:山下杏也加
DF:清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、守屋都弥(HT 杉田妃和)
MF:谷川萌々子(HT 古賀塔子)、長野風花、清家貴子(HT 浜野まいか)、長谷川唯、藤野あおば(87分 宮澤ひなた)
FW:植木理子(71分 田中美南)

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGなでしこジャパンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO