FOLLOW US

なでしこ8強敗退、東京五輪メダル獲得ならず 前回銀&W杯3位のスウェーデンに力負け

スウェーデンに敗れ、なでしこジャパンはメダル獲得ならず [写真]=Getty Images

 東京オリンピック準々決勝が30日に行われ、スウェーデン女子代表と日本女子代表(なでしこジャパン)が対戦した。

 1勝1分1敗の勝ち点4、グループ3位でグループステージを突破したなでしこジャパンは27日のチリ戦からスタメンを4人を変更。2トップは岩渕真奈と田中美南のコンビとなった。

 開始1分過ぎにスウェーデンはビッグチャンス。DFラインからの一発のロングボールに抜け出したソフィア・ヤコブソンがGKと1対1となったが、シュートは枠を外れた。その後も押し込み続けるスウェーデンは7分、CKの流れから左クロスにマグダレーナ・エリクソンがヘディングで合わせて、先制点を獲得する。

 苦しい時間が続いていたなでしこジャパンだが23分、熊谷紗希から清水梨紗とワンタッチで右サイドで展開すると長谷川唯がダイレクトにアーリークロスを相手DFとGKの間へ。走り込んだ田中が左足で合わせて同点とした。

 同点とした時間帯の前後からペースを握れるようになったなでしこジャパンは30分に田中がペナルティエリア内で倒され、一度はホイッスルが吹かれたが、VARによってPKは取り消しの判定に。前半は1-1の同点で折り返す。

 後半に入って53分、スウェーデンは縦パスを受けたスティーナ・ブラックステニウスがペナルティエリア内左でうまく清水の背後を取り、そのまま左足でニアサイドを割り、勝ち越しに成功。直後の57分に岩渕の右サイドからのグラウンダーパスを受けた田中がゴール正面で左足を振ったが、GKヘドヴィグ・リンダールが好セーブを見せた。

 同点としたいなでしこジャパンだったが68分、コソヴァレ・アスラニのシュートが三浦成美の手に当たり、PKの判定に。アスラニが自身で冷静に決めて、スウェーデンが追加点を獲得した。選手を交代しながらまずは1点を返したいなでしこジャパンだったがスコアは動かず。3-1でスウェーデンが勝利した。

 準決勝は8月2日に行われ、スウェーデンはイギリスとの延長戦を制したオーストラリアと対戦する。

【スコア】
スウェーデン女子代表 3-1 なでしこジャパン

【得点者】
1-0 7分 マグダレーナ・エリクソン(スウェーデン)
1-1 23分 田中美南(なでしこジャパン)
2-1 53分 スティーナ・ブラックステニウス(スウェーデン)
3-1 68分 コソヴァレ・アスラニ(PK/スウェーデン)

【スターティングメンバー】
なでしこジャパン(4-4-2)
山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、南萌華、宮川麻都;長谷川唯(82分 北村菜々美)、中島依美(86分 林穂之香)、三浦成美(72分 遠藤純)、杉田妃和;田中美南、岩渕真奈

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO