2019.10.05

なでしこMF長谷川唯が「米仏より衝撃」受けたカナダ、ポイントは「耐えられるか」

練習後、取材に応じた長谷川 [写真]=金田慎平
サッカー総合情報サイト

 日本女子代表(なでしこジャパン)は、10月6日にカナダ女子代表と対戦するが、前日の5日は試合会場となるIAIスタジアム日本平にて、前日練習を行った。

 冒頭15分の公開となった練習では熊谷紗希や岩渕真奈をはじめとしたGK3名、フィールドプレーヤー22名の計25名がそろって汗を流した。

 練習後、日テレ・ベレーザに所属する長谷川唯は「W杯後に初めて集まって、足りないこと、(W杯で)できたことを振り返りながら、やりたいことを整理できているのかなと思います」と、ここまでの合宿に手応えを示した。

 対戦相手のカナダはFIFAランキングで7位と、日本(10位)よりも格上となる。「すごく上手で、強いというイメージがあって。(2018年の)アルガルヴェカップで対戦した時に受けた衝撃は、フランスやアメリカよりもあった」と印象を語り、「後半までしっかり持ち込めるか、相手が一番パワーを出してくる時間のところで耐えられるかが、キーポイントになってくると思います。そこを乗り越えた後は、自分たちがしっかり支配し、チャンスを作りながら、しっかり決められれば、強豪相手にも通用するのではないかと思います」と、ポイントを挙げた。

 フランスでのワールドカップではベスト16でオランダに敗戦。東京五輪へ向けて結果も求められる状況だが、「勝つことで見に行きたいと思う方もたくさんいると思います。結果は第一に大事ですが、その中でもっと内容もつめていかないと、女子サッカーの現状として、いけないなという部分もあります。どちらもやらないといけない難しい状況ですが、五輪までしっかりやっていきたいです」とコメントしている。

 なでしこジャパンvsカナダ代表は10月6日、IAIスタジアム日本平にて14時30分キックオフとなる。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング