2018.12.26

【インタビュー】1年前は決勝で対戦…筑波大サッカー部の千葉玲海菜と蓮輪真琴が語る高校女子選手権

野口岳彦
筑波大学女子サッカー部の千葉玲海菜(左)と蓮輪真琴(右) [写真]=野口岳彦
10年以上にわたり女子サッカーを追いかける気鋭のライター

 2019年1月3日に、第27回全日本高等学校女子サッカー選手権大会が開幕する。高校女子サッカー部の頂点を争うこの大会では、毎年、様々なドラマが生まれる。そしてこの大会を経て、なでしこリーグや大学サッカーでさらなる活躍をする選手も少なくない。

 前回大会で優勝した藤枝順心高校でキャプテンを務めた千葉玲海菜と、準優勝の岡山県作陽高校でキャプテンを務めた蓮輪真琴は、現在、筑波大学女子サッカー部でチームメイトとしてプレーしている。そんなふたりに、女子選手権の思い出や今大会に臨む後輩へのメッセージなどを聞いた。

インタビュー・文=馬見新拓郎
写真=野口岳彦

――1年前の第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の決勝で、主将として対戦したふたりですが、年末が近づくと高校女子選手権を思い出しますか?
蓮輪真琴(以下、蓮輪) ツイッターで『高校女子選手権開幕まであと◯日』っていうのが回ってくるんですが、そういうのを見ると思い出しますね。
千葉玲海菜(以下、千葉) はい、ホントに懐かしいです。もう選手権から1年かぁ。
蓮輪 あの決勝戦、最初の方は作陽が押してたよね?
千葉 うん、前半はずっと順心が押されてた。焦らないようにして、耐えて耐えてって感じだったよ。
蓮輪 前半はマジで勝てると思った! もう一回やり直したいなぁ(笑)。前半終了前に、一瞬で先制されて、追加点も取られた。少ないシュート数でもゴールしてくるところに、技術の差が出る。
千葉 前半のうちに2点が取れたから、後半の順心はリスク管理を考えてセーフティーに試合を進めたんだよね。
蓮輪 そういうところはやっぱり名門! 決勝戦慣れしてたよ。順心は決勝くらいまで行って当たり前っていう雰囲気があったし。
千葉 あったかなぁ?
蓮輪 あったでしょ!

――1年前の高校女子選手権の開幕前は、キャプテンとしてどのような心境でしたか?
千葉 私の年代は、杉田妃和さん(元・順心/現・INAC神戸レオネッサ)みたいなうまい選手はいなくて、周りには「入れ替わりの年」って思われていただろうから、それが悔しくて、私たちなりにできることはあるはずって思いでプレーしていました。でも、夏のインターハイでは準優勝という形で終わってしまったので、冬の選手権は絶対にタイトルを取りたいと思っていました。
蓮輪 作陽は結果的に初めて決勝戦に進みましたけど、大会前や大会中に「勝っていけそう」と思ったことは、実は一度もありませんでした。やっぱり3年になってみて初めて分かる気持ちっていうのがあって、高校女子選手権が近づくこの時期に、本当に高校生活最後の大会なんだという実感がわいてきて、もっと頑張ろうと、チームメイトと切磋琢磨していました。
千葉 3年にならないと分からない気持ちってあるよね。選手権の登録メンバーに入れなかった3年もいて、その選手は絶対に悔しい思いをしています。
蓮輪 絶対にそうだね。
千葉 でもサッカーはチームスポーツなので、チームがまとまらないと目標の優勝はできないと思っていました。去年の順心の場合、登録メンバーに入れなかったふたりが副キャプテンをしてくれていて、ひとりはケガであまりサッカーができなかった選手。もうひとりは静岡県内生で、一度はサッカーを辞めようとまでしていたんです。そんな、いろんな立場の副キャプテンが中心になって、試合出場できない選手たちをまとめてくれていました。私たちのチームワークがよかったのは、副キャプテンのおかげでした。
蓮輪 作陽は、順心ほど部員数は多くないんですけど、私がキャプテンになって間もない頃は、どのようにチームをまとめていくのか、挫折する部分もありました。でも最後は、3年から1年までがチームのために動いてくれたので、私はそれをまとめるというよりも、その思いに応えられるようにプレーしていました。

――高校女子選手権の優勝校と準優勝校のキャプテンが考える、大会で勝ち抜くために必要なこととは何でしょう?
千葉 やっぱり気持ちだと思いますね。そうじゃない?
蓮輪 私もやっぱり気持ち。でも、こんな答えで参考になるのかな(笑)。
千葉 前回大会の順心は、今田紗良(現・帝京平成大学)が、とにかく気持ちの強い選手でした。紗良は、大会の数週間前に足首のケガをして、本当なら試合出場できないレベルのケガだったと思いますけど、選手権までに毎日治療に行ってリハビリして、回復を早めるために酸素カプセルにも入っていました。そんな紗良が、2回戦の日ノ本学園高校戦で決勝ゴールを決めたこともあって、勝つことができたんだと思います。
蓮輪 私は大分出身なので、福岡出身の紗良とは九州での友達でもあるんですけど、順心には私たちより下手な選手はいないから、気持ちの面だけでは負けないようにと思っていました。

――優勝経験がある順心と違い、作陽は初の決勝でした。前回大会は、試合中にポジションや陣形を変えながら戦い抜きましたね。
蓮輪 池田浩子監督やスタッフが分析をしてくれて、選手でも分析をして、最後はミーティングで戦い方を一致させて、共通理解の上で試合に臨んでいました。相手によって、戦い方を変えたこともあります。でも、決勝の順心は代表歴がある選手が多くて、うまい選手ばっかり。最後は根性で戦っていました。
千葉 でも、作陽は共学だからズルいよね(笑)。
蓮輪 決勝の応援の声ね!
千葉 そう! 決勝は観客数6,900人だったけど、作陽の応援に来た男子の声ばっかりが聞こえて、マジでアウェイの気持ちだった。
蓮輪 私たちは負けたけど、ホームのような気持ちで戦っていました(笑)。
千葉 作陽戦はいつもアウェイ感があったよ……。

――現在、筑波大学でチームメイトですが、1年前の高校女子選手権の時期には、筑波大に進学することをお互いに知っていましたか?
千葉蓮輪 はい、知っていました。 
千葉 あれ? 何で知っていたんだっけ?
蓮輪 ほら、紗良が教えてくれたんだよ。
千葉 そっか! ここでも紗良が出てくるんだ(笑)。

――部活以外でもふたりで過ごすことはありますか?
蓮輪 私は友人と部屋を借りているんですが、1週間に1回は玲海菜が来ますよ。
千葉 ただいまぁ!ってね(笑)。
蓮輪 ほぼ3人暮らしです(笑)。

――筑波大に進学して、女子サッカー部での1シーズン目が終わりました。どのような感想ですか?
蓮輪 私は今シーズン、ケガをしてほとんどプレーできなかったので、チームや玲海菜にはたくさん迷惑をかけているんですけれど、頑張ってチームを変えてくれようとしている玲海菜の姿を見ていると、私もケガをしてる場合じゃないなと思っています。
千葉 それに比べて、私は筑波大の一員として存分にプレーできましたし、関東大学女子サッカーリーグ2部で優勝することができたので、来シーズンはリーグ1部を戦います。そこで上位に入れば、全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)出場が叶うので、それが楽しみです。
蓮輪 今シーズンはいっぱい充電したから、来シーズンはしっかりチームを引っ張っていけるくらいのプレーをしたいと思います。
千葉 そうだね。来シーズンはきっと、爆発してくれると思います!

――大学での勉学は順調ですか?
千葉 ま、やばいよね?
蓮輪 うーん、一生懸命、周りについていってます(笑)。
千葉 そう! なので、単位は落としていないですよ。
蓮輪 ひとつも落としてないです!
千葉 私は特別指定選手として、プレナスなでしこリーグ1部のジェフユナイテッド市原・千葉レディースに帯同する経験もしたので、限られた時間の中でしたが、勉学もスポーツに関連することなので、頑張ってついていこうと思えます。
蓮輪 そうそう。1年だから、いろんな分野の基礎的なところなんだけど、これで基礎?って感じだけど。いろんな意味で(笑)。

――筑波大を選択して良かったと思う点はありますか?
蓮輪 筑波大学女子サッカー部が主管する「第26回全国大学女子サッカーつくばフェスティバル」を8月に開催して、私たちは運営などをしたのですが、それはすっごい大変でした。でも、どんなアクシデントにも柔軟に対応できる力がついたと思います。
千葉 実際に大会運営に入ってみて、ここまで大変なんだと思ったし、サッカーは自分ひとりではできないんだと実感したよね。
蓮輪 うん、選手権が今みたいに大きく取り上げていただけているのは、たくさんの人の力があったからだと改めて思いました。これまでも周囲に感謝する気持ちはあったけど、その言葉の重みが強くなりましたね。
千葉 そう思うと、高卒からなでしこリーグに進む道もあると思うけど、視野が広がる大学っていうステップを踏んだのは、間違っていなかったのかなと思いますね。

――では、再び高校女子選手権に話を戻します。今大会は年明けの1月3日に開幕しますが、組み合わせ表を見ながら話しましょう。
蓮輪 やっぱり注目は、1回戦の藤枝順心高校(東海1/静岡)vs常盤木学園高校(東北1/宮城)ですよね。
千葉 やっぱそうなる?
蓮輪 私、1回戦の前橋育英高校(関東6/群馬)vs岡山県作陽高校(中国1/岡山)は、応援に行こうと思ってるけど、順心と常盤木の試合は気になるよ。
千葉 私も順心vs常盤木は、見に行くかな。順心が勝ってくれるでしょう!
蓮輪 常盤木の力はズバ抜けてるから、ここで勝った方が決勝に行くかもね。
千葉 いや、作陽も決勝に行きそうだけど?
蓮輪 いやいや油断はできないよ。去年も1回戦で前育と対戦したし。

――ふたりの母校以外の注目校はありますか?
千葉 作陽のヤマにいる、聖カピタニオ女子高校(東海2/愛知)も、東海地区で何度も対戦したけど強いからね。
蓮輪 あれ? 大商学園高校(関西1/大阪)と星槎国際高校湘南(関東3/神奈川)が1回戦で対戦するの?
千葉蓮輪 ここも結構みどころ!!(笑)
千葉 他には、福井工業大学附属福井高校(北信越2/福井)も、上位に来ると思う。
蓮輪 1回戦で対戦する四国学院大学香川西高校(四国2/香川)も根性があって、気持ちで勝つサッカーをしてくる印象があるよ。でも、2回戦に十文字高校(関東2/東京)が控えているヤマかぁ。
千葉 今大会の十文字、どうなんだろう? 気になるね。
蓮輪 神村学園高等部(九州1/鹿児島)は、今年も九州第1代表だ。
千葉 日ノ本学園高校(関西2/兵庫)も、また上位に来るのかな?
蓮輪 なんか、全出場校を単に読み上げてるみたいになってるよ(笑)。

――今、順心の多々良和之監督と、作陽の池田監督に、それぞれ言葉をかけるとしたら、何と伝えますか?
千葉 「頑張ってください」と、「ありがとうございました」しかないよね?
蓮輪 もう、ホントにそうだね。
千葉 多々良監督はいつも冷静で、実は前回大会前に監督が「圧勝して優勝することが目標」と私たちに話して、最初は戸惑ったんですが、そこまで期待してくれていることにありがたいとも思いました。でも今考えれば、少しプレッシャーでもあったかな(笑)。
蓮輪 池田監督はアツい監督です。私はキャプテンなのに逃げ出しそうになったことが多かったんですが、優しい言葉をかけるだけでなくて、どんな時でも真っ正面からぶつかってくれました。今ここまでやって来られたのは、ホントに池田監督のおかげです。だからこそ、前回大会は優勝して池田監督を喜ばせたかったなって思いますね。

――今大会に出場するそれぞれの後輩には、どのようなアドバイスをしたいですか?
蓮輪 開幕までを目前にした時間って、私はあっという間でしたけど、ここからの過ごし方で変わることってたくさんあるとも感じました。1日1日を大切に、後悔しないように楽しんでほしいです。やっぱり作陽は笑顔じゃないとダメなので、辛いことでも笑って乗り越えてほしいです。
千葉 私たちが優勝して、今回は他のチームから追われる立場になると思いますけど、そんなことは気にせず、まずは自分たちの考えるプレーを優先して、技術やチーム力を100パーセント出せれば、結果はついてくると思います。
蓮輪 でも1回戦は常盤木が相手だよ?
千葉 順心は今シーズン、インターハイで常盤木に負けてるんだよね。同じシーズンで同じ相手に負けると言うのは、いろいろ協力してくれている順心のスタッフの皆さんにとっても悔しいことだから、そこは絶対に勝ってくれると思うよ。それに、後輩にはうまい選手が多いし、1回戦で強豪と対戦した方が、照準をそこに合わせていけるから、ある意味よかったんじゃないかな。
蓮輪 試合だから勝敗はあるけど、とにかく高校生活最後の大会だから、ホントに後悔だけはしてほしくないよね。
千葉 そうだね。難しいかもしれないけど、その大切な瞬間を楽しんでほしいな。
蓮輪 うん。全力でプレーしていたら、最後は「楽しかった」に変わるはずだから、1年から3年まで、全員が最後の瞬間まで全力でプレーしてほしいです。

――決勝戦で再び順心と作陽が対戦することになったら、元キャプテンのふたりにとっては最高ですね。
蓮輪 そうなったら、決勝も絶対に見に行きたいね!
千葉 うん! 行きたい!
蓮輪 決勝の1月13日は、大学も始まっている時期だから「絶対行きます!」とは、言い切れないけど……。
千葉 今度は応援席だけど、順心の後輩にまた決勝の舞台に連れて行ってほしいな。
蓮輪 そうだね。作陽の後輩にもぜひ期待しようかな!

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る