2018.11.14

19年女子W杯のヨーロッパ出場9カ国が決定…プレーオフは蘭代表が制す

オランダ女子代表
プレーオフを制したオランダ女子代表 [写真]=Soccrates/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2019 FIFA女子ワールドカップ フランスに出場するヨーロッパ勢9カ国が決定した。最後の1枠は、オランダ女子代表が勝ち取っている。

 13日、ヨーロッパ予選のプレーオフ2回戦・セカンドレグが開催され、オランダはスイス女子代表と1-1で引き分けた。ファーストレグはオランダが3-0で勝利しているため、2戦合計4-1でオランダがプレーオフを突破。2大会連続2度目となる本大会出場を決めている。

 出場権を獲得したヨーロッパ勢9カ国は以下の通り。

フランス女子代表(開催国/3大会連続4回目)
イングランド女子代表(1組1位/4大会連続5回目)
スコットランド女子代表(2組1位/初出場)
ノルウェー女子代表(3組1位/8大会連続8回目)
スウェーデン女子代表(4組1位/8大会連続8回目)
ドイツ女子代表(5組1位/8大会連続8回目)
イタリア女子代表(6組1位/5大会ぶり3回目)
スペイン女子代表(7組1位/2大会連続2回目)
オランダ女子代表(プレーオフ/2大会連続2回目)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る