2018.08.13

ヤングなでしこが2位通過で準々決勝進出! 宝田と植木がハットトリック

なでしこ
パラグアイを圧倒したヤングなでしこ [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランスのグループステージ第3節が13日に行われ、グループCに入ったU-20女子日本代表(ヤングなでしこ)がU-20女子パラグアイ代表に6-0で勝利した。

 立ち上がりからヤングなでしこがボールを支配し、長短のパスを駆使してゴールに近づく。2分にはクロスから遠藤純がヘディングシュートを放ち、早くもゴールの予感を感じさせると、5分に左サイドを突破した遠藤のクロスから、ゴール前に走り込んだ宝田沙織が押し込んであっさり先制した。

ヤングなでしこ

先制点を決めた宝田(左) [写真]=FIFA via Getty Images

 パラグアイのパスの精度が低く、ヤングなでしこが相手のミスからボールを奪うシーンが増えた。そして18分、GKからのロングフィードを奪った林穂之香が前線へロングパス。抜け出した宝田が、出てきたGKの頭上を超えるループシュートを決めて早々にリードを広げた。

 前半に迎えた危ないシーンは与えたファウルからの直接FKのみで、一方的に攻め続けたヤングなでしこが、44分と前半アディショナルタイム3分に植木理子のゴールでさらに決勝トーナメント進出に近づいた。

 後半も攻めるヤングなでしこ、守るパラグアイの構図は変わらずに、次戦を見据えて今井裕里奈、高平美憂、福田ゆいをピッチに送る余裕も出てきた。60分には植木が、61分には宝田がハットトリックを達成。スタンボー華がPKを止めるなど無失点&大量得点でパラグアイを下したヤングなでしこが、グループ2位で準々決勝進出を決めた。次戦は17日にグループDの1位と戦う。

【スコア】
U-20女子日本代表 6-0 U-20女子パラグアイ代表

【得点者】
1-0 5分 宝田沙織(日本)
2-0 18分 宝田沙織(日本)
3-0 44分 植木理子(日本)
4-0 45+3分 植木理子(日本)
5-0 60分 植木理子(日本)
6-0 61分 宝田沙織(日本)

【スターティングメンバー】
U-20女子日本代表(4ー4ー2)
スタンボー華;南萌華;高橋はな;林穂之香(77分 福田ゆい);宮澤ひなた(62分 今井裕里奈);長野風花;宝田沙織;宮川麻都;北村菜々美(46分 高平美憂);植木理子;遠藤純

U-20女子パラグアイ代表(4ー3ー3)
オリッツ;ベッカ;アロンソ;オジェダ;ゴンサレス(58分 フレテス);ミーノ(46分 サンチェス);サンドバル;マルティネス;チャモッロ;ヴィッラサンティ(68分 バレイロ);アギレラ

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る