2016.12.23

新潟LとINACが皇后杯決勝へ、昨年と同一カード…ベレーザの3冠消滅

皇后杯準決勝で日テレ・ベレーザとアルビレックス新潟レディースが対戦した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 第38回皇后杯 全日本女子サッカー選手権の準決勝2試合が23日に味の素フィールド西が丘で行われた。

 11時からの準決勝第1試合では、プレナスなでしこリーグ1部、プレナスなでしこリーグカップ1部との三冠を目指す日テレ・ベレーザとアルビレックス新潟レディースが対戦。試合は53分にMF八坂芽依の得点で新潟が先制する。1点を追う日テレは相手を上回る7本のシュートを放つが、最後までネットを揺らすことができず、1-0と新潟がリードしたままタイムアップを迎えた。日テレの三冠達成の夢は消滅した。

 14時からの準決勝第2試合では、ベガルタ仙台レディースとINAC神戸レオネッサが激突。仙台は1点ビハインドで迎えた84分、MF川村優理が値千金の同点ゴールを決め試合は延長戦へ。それでも、102分と108分にFW京川舞が得点を決め、神戸が3-1で勝利。決勝に駒を進めた。

 この結果、タイトルをかけたファイナルでは、新潟と神戸が対戦。昨年の決勝と同一カードとなった。前回は現役ラストゲームとなったMF澤穂希がゴールを決め、神戸が勝利している。今大会の試合は25日、フクダ電子アリーナで14時にキックオフを迎える。

■準決勝結果
日テレ・ベレーザ 0-1 アルビレックス新潟レディース
ベガルタ仙台レディース 1-3 INAC神戸レオネッサ

■決勝カード(フクダ電子アリーナ/12月25日14時開催)
アルビレックス新潟レディース vs INAC神戸レオネッサ