FOLLOW US

代表戦100試合出場の大儀見優季「全ての人に感謝したい」

歴代7人目となる100キャップを達成した大儀見優季 [写真]=Getty Images

 サッカーのなでしこジャパンは25日、女子東アジアカップ2013の第2戦で北朝鮮女子代表と対戦。0-0の引き分けに終わり、勝ち点4で北朝鮮と並んだものの、得失点差で上回って首位をキープした。

 試合後、なでしこジャパンのFW大儀見優季は以下のようにコメントした。

「結果としては0-0に終わってしまったが、攻撃の面では今までになかった形を作れた。それが結果に結びつかなかったので悔しいが、ポジティブに考えている」

―具体的にできた部分というのは?
「相手に引かれた時に、ペナ(ルティーエリア)の近辺での崩しが今まではなかったが、連係が取れてきたので、うまく次の試合では結果に結びつけていきたい」

―この試合が(代表)100試合目の節目となったが?
「デビューしてから10年経って、1試合ずつ積み重ねてきて、いろいろな人たちのおかげでここまで来られたと思っているので、全ての人に感謝したいと思っています」

 27日に行われる最終戦で開催国の韓国女子代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA