2013.07.25

なでしこ佐々木監督、北朝鮮とスコアレスドローも「次につながる」

 サッカーのなでしこジャパンは25日、女子東アジアカップ2013の第2戦で北朝鮮女子代表と対戦。0-0の引き分けに終わり、勝ち点4で北朝鮮と並んだものの、得失点差で上回って首位をキープした。

 試合後、なでしこジャパンの佐々木則夫監督は以下のようにコメントした。

―押し込んでいた中での引き分けだったが
「ちょっと中央に寄りすぎた感はあった。シュートの精度が課題だったが、この暑い中、ゴールへ向かって一生懸命やってくれたので、次につながると思う」

―次は韓国戦。(大会)3連覇を懸けた重要な一戦となるが?
「暑さに負けず、相手にも負けずに走って、自分たちの持ち前の攻守の切り替えをしっかりして、戦わせたいと思う」

―次戦までの間隔が短い(中1日)が?
「うちの選手はタフな選手が多いから大丈夫。精一杯がんばってくれると思う」

 なでしこジャパンは、27日に行われる最終戦で、開催国の韓国女子代表と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る