FOLLOW US

なでしこは大儀見の2戦連続得点で中国下し5位/アルガルベカップ

大儀見の2試合連続ゴールが決勝点となった [写真]=Getty Images

 ポルトガルで開催されているアルガルベカップの5位決定戦が13日に行われ、なでしこジャパンと中国女子代表が対戦した。

 なでしこジャパンは、大儀見優季や熊谷紗希らが先発出場。2-0で快勝して今大会初勝利を挙げた11日のデンマーク女子代表戦で先制点を挙げていた川澄奈穂美や岩清水梓らは、ベンチスタートとなった。

 試合は序盤から一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いに攻め手を欠きスコアレスのまま時間が経過。なでしこジャパンは、37分には大滝麻未に代えて高瀬愛実を投入し、選手交代で打開を図った。すると、42分には左ペナルティエリア内で川村真理が相手のクリアを体に当てブロックすると、ゴール前に上がったボールに対して大儀見がヘディングシュートを放つ。ボールは中国ゴールに吸い込まれたが、大儀見はオフサイドポジションにいたため、得点は認められず。両チームともに無得点のまま、前半を折り返した。

 なでしこジャパンは、後半開始から田中陽子と田中美南をピッチに送り出し、51分にも田中明日菜を投入して先制を狙うと、徐々に押し込む展開を見せ、67分についに均衡を破った。ゴール前で得たFKを中島依美がゴール前に送り、相手がクリアし切れずに流れると、ファーサイドで待ち構えていた大儀見が右足を振り抜き、2試合連続でゴールネットを揺らした。

 大儀見の豪快なダイレクトボレーで先制したなでしこジャパンは、得点後も攻勢をかけて宇津木瑠美が決定的なシュートを放つなどチャンスを作り出したが、追加点は奪えずにタイアップを迎えた。それでも守備陣が中国を完封して、1-0と勝利。5位に入り、大会を終えた。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA