2012.12.28

なでしこ大野が強豪リヨンへ移籍「リヨンで世界一になりたい」

大野忍
手渡されたビーチボールの地球儀でフランスを指差す大野忍

 28日、なでしこジャパンの一員でINAC神戸レオネッサのFW大野忍が都内で記者会見を開き、フランスの強豪リヨンに移籍することを発表した。

 まず、同席したINAC神戸の文弘宣会長が移籍の経緯を説明した。

「2年前、INAC神戸に入団する際にロンドン五輪終了後の翌年に、『海外でプレーしたい』との本人の希望があり、オファーがあれば送り出す話をしていました。今年初めから移籍先を数チームにしぼり、今回、モブキャストカップで対戦したリヨンからオファーがあり、本人と話した上で送り出すことを決めました。今後も大野のようINAC神戸から世界へ羽ばたく選手を育てていきたいと思います」

 リヨンへの移籍が決まった大野は「移籍するにあたり文会長を始め、いろんな方にご協力いただき本当に感謝しています。日本での経験を生かして、海外でもしっかり自分のプレーを見せたいです」とコメント。移籍にあたりチームメートであり海外でのプレー経験が豊富な澤穂希からは「シノ(忍)らしくがんばってきて」と、激励されたことを明かした。

「(モブキャストカップで)実際にリヨンと対戦して、素晴らしい選手が多くそんなチームの中で自分が、どう生かされて、どう生きるのか、チームの中に入ってやってみたくなりました。世界一のクラブで自分がどれだけできるか試してみたい。リヨンには素晴らしい選手がたくさんいるので、レギュラー争いをできることが楽しみです」とリヨン移籍の理由を話し、サッカー選手としての将来については「リヨンで世界一になりたい」と力強く宣言した。

「覚えたフランス語は」との質問には「ボンジュール(おはよう、こんにちは)」と「メルシー(ありがとう)」とコメント。サッカーとともに、現地では生活も楽しみたいと続けた。大野は来年1月9日の出発。渡仏してメディカルチェック後に正式にサインする予定となっている。

 新天地リヨンはUEFA女子チャンピオンズリーグを2連覇中の強豪で、なでしこジャパンの大滝麻未が所属。11月に日本で開催されたモブキャストカップ国際女子クラブ選手権 では、決勝でINAC神戸を下して優勝を果たしている。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る