2012.11.01

佐々木監督「結果を出すことは容易ではないが、それが僕の仕事」

続投への決意を語った佐々木監督

 日本サッカー協会は1日、なでしこジャパンの指揮を執り、2011年ドイツ・ワールドカップ優勝、2012年ロンドン・オリンピック銀メダルに導いた佐々木則夫監督の続投を発表した。

 佐々木監督は、世界のサッカーの質が急速に上昇する中で結果を出すことは難しいとしながらも、「チャレンジして結果を出すことが僕の仕事」と決意を語っている。

「我々は欧米勢のように体が強くてスピードがあるチームと戦うために2008年からやってきた。スキル、協調性、そして何よりもオフサイドというルールが ある中で、攻守に連携、連動してコンパクトな状態を保ちながらボールを動かすサッカーをやってきたつもり。今は逆に我々のサッカーを欧米が確認し、パ ワー、スピード、プラス日本的なコンビネーション、連携を進めているなかで、北京よりもドイツ、ドイツよりもロンドンと質が上がってきた。身体能力が高 く、そして非常にチームコンセプトとして攻守に渡ってモダンになってきている」

「なでしこは身体能力の高い選手は下のカテゴリーを見ても出てきていない。その中で世界と戦うにはやはり個々の質を上げる、連携をもっと綿密に図る、そし てもっともっとメンタルな部分だったり、パワー、スピードがない分、アジリティー的な要素を強化していく、これに尽きると僕は思っている。それを続ける選 手たちの新たな育成の進捗は悪くない」

「欧米は蹴って走って当たってというだけではなくなっているし、北朝鮮、韓国も我々を意識して強化している。彼女らに立ち向かっていくのはそう簡単なもの ではないし、それに打ち勝ってチャンピオンになるのは容易ではない。だからこそ、すぐには返事できなかった。ただ、それに返事をしたということは、それに 向けてしっかりとチャレンジして結果を出すということが僕の仕事だと思っている」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る