2012.09.05

決勝進出のドイツ女子代表監督「チームを自慢に思う」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は4日、U-20女子ワールドカップの準決勝でU-20ドイツ女子代表と対戦。0-3で敗れた。

 試合後にドイツのマレン・マイネルト監督は以下のようにコメントした。

「まず、私は今日の勝利をとても嬉しく思っております。私は自分のチームをとても自慢に思っていますし、決勝に進むことができたことも嬉しく思っていま す。少しラッキーだったのは、試合開始直後、1分にゴールを決められたことです。でも試合全体を通して、チームはタフに動いていたし、とても良かったと思 います。でも、日本のチームもとても良かったと思います。また決勝でもまたゴールを目指して頑張りたいと思います。そしてゴールを決められないという記録 をまた伸ばせたことも良かったと思います」

―5試合無失点という堅守の要因は
「難しい質問ではありますけれど、端的に申しまして、守備の選手がとても素晴らしいということです。DFの選手が優れているからこそ達成できていると思います」

―今日はそのDFだけでなく、ボールへの追い込みが非常に今までになく強かったようですが
「もちろん、攻撃力のある選手も沢山いる、というのが我々のチームの特徴です。今日の試合でも、とても攻撃的に試合ができたと思います。そして素晴らしい コンビネーションを保つことができたのも、このゴールの理由だと思います。でも、日本の守備も悪くはなかったと思います」

―先制点のように、日本の選手に球際で強く当たったことで主導権を握っていましたが、それは日本に対してそうすると優位に立てるとみてのことか
「大会全体を通して私達はとても攻撃的なプレーをしてまいりました。今日も試合全体として攻撃的にプレーしてきました。今日は特に、準決勝に進めた喜び、 そして大観衆に包まれた喜びというものが後押ししたと思います。特に、前半に得点をあげようと指示をしたわけではなく、全体を通して常に得点にからむ、得 点を取る、というプレーをしたと言うことです。それはドイツ代表チームでは、A代表でも若いチームでも関係なく言えることです」

―ドイツで女子のユース年代の指導で特に重視していることと、U-20代表の選手たちのクラブでの活躍ぶりについて教えてください
「日本の選手も特に良いパスプレーなどがありましたが、ほめていただきとても嬉しいです。女子のブンデスリーガがあって、そこにはドイツサッカー連盟の援 助のもと良いトレーナーも沢山いますし、女子はそこで良い経験、良いトレーニングを積むことができています。要するに、ドイツサッカー連盟の庇護のもと、 女子の育成が進められているということです」

―ドイツの選手からメンタルの強さが感じられましたが、メンタルを強くするトレーニングをされているのですか。それとももともとメンタルの強い選手を選ばれているのですか
「両方があると思います。もちろんそれなりのメンタルの準備というものも必要ですし、ドイツサッカー連盟には心理面でのサポートをする人もいます。でも大 事なのは、それぞれの選手たちがそれぞれの課題に没頭し、それをしっかりやる、という意識を持つことにあります。そしてみんなが良いイメージを持ち、チー ムが良い雰囲気であることがメンタルの強さにつながっていくと思います。サッカーをする上ではやはりサッカーをする喜びを感じることが大事であって、勝つ ためだけのサッカーではないということです。喜ぶ気持ちがまたメンタルの強さにつながっていくと思います」

―これまでの試合と左サイドの選手の組み合わせを変えたのは、日本の攻撃を警戒したからですか
「(アンナベル)イェガーについては、左をしっかり守ってもらうことによって、ディフェンスラインをしっかりカバーしてもらう意図がありました。日本戦の 場合はテンポが大事なので、いつテンポアップするか、いつ攻撃をしかけるかが大事だと思っていたので、イェガーを左に起用しました。(メラニー)ロイポル ツについては、彼女は強い右足を持っていますので、ゴールを脅かし、そして攻撃的に攻めていくために右に起用しました」

―準々決勝も20分までに3点を取り、今日も早い段階で3点を取りました。普段のトレーニングから、早い段階で点を取ることを意識させているのでしょうか
「重要なことだと思います。特に若いチームにとっては、先制点をあげることは大変重要なことだと思います。前半にリードすると後の試合がやりやすくなりま す。それは私達に限らず、ほかのチームもそうなると思いますが。今回の大会では、幸運なことに私達は早い段階から得点をあげることができました。今後もそ ういう姿勢を貫いていきたいと思います」

―決勝戦はアメリカと再び対戦します。今日のアメリカを見てどう感じられましたか
「同じグループにいたのですが、アメリカはとても強いチームなので、きっと勝ち上がって決勝にくると思っていました。再戦ということですが、今日はゆっくり寝て、明日また目覚めたときにまたアメリカにどう対処するのか考えていきたいと思います」

「とても素晴らしい雰囲気の中で試合ができてとても良かったと思います。満員の観衆、そして応援歌も歌われ、ふたつの素晴らしいチームの対戦も見られて、 見守ってくれたことにとても感謝しています。とてもフェアなプレーができました。あなたのチームは私のチームと言えるほど、気持ちを共有できるようにこれ からもなっていければと思います」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング