2012.09.05

ヤングなでしこ柴田華絵「リーグで代表選手とやる方が厳しい」/U-20女子W杯

ドイツ戦で攻め込むヤングなでしこの柴田華絵

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は4日、U-20女子ワールドカップの準決勝でU-20ドイツ女子代表と対戦。0-3で敗れた。

 試合後に日本のDF土光真代、MF柴田華絵、FW田中美南は以下のようにコメントした。

土光真代
「相手の強さに対して、足下の技は自分たちの方が高いと思っていたので、そこで勝てれば、と思っていました」

「今日の試合で学んだものは多いと思っています。後半の粘りとかがそうです。前半に3点を取られましたけれど、後半のように日本らしさは出せたときもありました。ただ、その時に決めきる決定力は必要だと思いました」

柴田華絵
「(試合中のポジションチェンジについて)途中から(猶本)光も前に出てボールを受けることができていたので、それで相手を混乱させようと思って変わって みました。点が欲しい状態だったので、チャンスがあればボランチの位置からどんどん行こうと思っていました。後半は私もゴール前に出てシュートを結構打て ていたので、本当に点が欲しかったですね」

「ドイツは前半、とても寄せが早かったのですが、後半に私達がプレッシャーをかけて間延びをさせると隙が出ていました。なでしこリーグで代表の選手とやっ ている方が厳しい試合になっているかなと思います。試合もそうだし、普段からレッズでの練習でプレッシャーがきついと感じているので、そういうところでは いつもの成果が出ていたかな、と思います」

田中美南
「自分たちも攻めていこうとしていた中で早めに失点をしてしまいました。1失点ならすぐに取り返すチャンスはあったのですが、2点、3点と取られて焦りが出てしまいました」

「ドイツは想像通りの強さでしたが、自分たちのやれることをやれば対抗できるとは思っていました。でも体は強かったし、セカンドボールも拾われてしまっ て。相手の流れの中でまずは我慢していれば流れも変わると思っていたのですが、耐えられず、自分もそうですがつなげなくなって、流れを引き寄せることがで きなかった」

「自分は早々に代わってしまったのですが、代わって入ったメンバーがいいプレーをしてくれたし、チャンスも作ってくれました。仲間には感謝しています」

「負けたことはすごく悔しいけれど、学べたことは今後の大会や、なでしこリーグで生かしていきたい。その前に次の3位決定戦で、悔しさをバネにしたい」

「(ドイツ戦を踏まえて)早い段階で失点しても慌てずに、90分間という長いスパンで考えられるようになりたい。また、フィジカルの強さで勝てなくても速 さを生かしていければ、と思います。ドイツ戦ではセカンドボールを取られて流れを取られたので、もっとそこに寄せる意識を早くしたい」

[写真]=足立雅史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る