2012.09.05

ヤングなでしこ猶本光「3位決定戦は勝つしかない」/U-20女子W杯

ドイツ戦でフル出場した猶本光

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は4日、U-20女子ワールドカップの準決勝でU-20ドイツ女子代表と対戦。0-3で敗れた。

 試合後に日本のMF猶本光、DF木下栞、GK池田咲紀子は以下のようにコメントした。

猶本光
「前半はドイツのパワーとスピードに慣れる前に3点を入れられてしまったという印象です。後半は相手が疲れてきたこともありますが、慣れてきて、自分たち のサッカーができました。後半は何度かゴール前にいけるシーンもあって、そこで取れればというところですが、『世界はこういうものか』と思って、逆にこれ からもっとうまくなりたい、と思わされました」

「相手はボランチのところに入るボールを狙っているかなという感覚があって、それに対応できなかったことが反省点です。前半の45分をかけてしまいまし た。後半に修正できたことで手ごたえをつかむことはできました。私が相手のボランチの裏でボールを受ければ相手は混乱すると思ったので、後半には味方に 『上がり目で行く』とは言っていました。そこは狙いどおりにいけたので、前半のうちから気づいてやれればよかった」

「これからはもっとあのようなパワーとスピードにしっかり対応できるように、判断のスピードや体の強さを一段と上げていかないといけません。今日はパスよ りも判断のスピードが遅かったと思います。ドイツはパワーだけでなく技もありましたが、私達もしっかり修正してやっていければ対抗はできると思っていま す。3位決定戦は勝つしかありません」

DF木下栞
「こういう経験はしない方がいいのですが、経験は経験として、しっかり次に生かせるようにしたい。後半みたいなサッカーが前半からできれば、というところ が反省点です。前半はボランチにボールを預けられなかったし、そこを相手にも狙われていました。今までのチームと違って、そういうところにも足が伸びてき ていました」

「監督からは『できなかったことを見つめ直して、次に生かそう』という話がありました。まだ3位決定戦が残っています。悔しいけれど、みんなで次につなげていきたい」

GK池田咲紀子
「(早めに失点して)ディフェンスラインのなかでも慌ててしまうところがあってそこに声をかけることもしたのですが、自分自身もそういう切り替えができて いなかったように思います。ハーフタイムの時に監督に言われたことで、ポジティブに切り替えることができました。試合が終わった後にみんなで『次もあるか ら』と選手同士で声をかけ合ってきました。今度の3位決定戦で勝って、しっかりメダルを取ろう、という気持ちをみんなで強く持って戦います」

[写真]=足立雅史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング