FOLLOW US

ヤングなでしこ、韓国を破り史上初のベスト4進出/U-20女子W杯

ゴールを決めた柴田を祝福するヤングなでしこ

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は30日、U-20女子ワールドカップの準々決勝でU-20韓国女子代表と対戦した。

 試合は早い時間に動く。8分、西川明花が中央からスルーパスを送ると、柴田華絵が反応。GKが飛び出してきたが、柴田が先に触ると、ボールは韓国のゴールネットを揺らし日本が先制に成功した。

 しかし、15分に韓国はカウンターからイ・グムミンが左サイドからクロス。中央に待っていたチョン・ウナが頭で合わせ、試合は振り出しに。勝ち越しを狙う日本は19分、先制点を奪った柴田がミドルレンジから左足を一閃。正確なシュートが突き刺さり、日本が2-1とした。

 攻め込む日本は37分にも高木ひかりが右サイドからドリブル突破。相手を十分に引きつけ、グラウンダーのクロスを送ると、最後はフリーになっていた田中陽子が流し込んだ。

 後半はやや韓国に攻め込まれる場面も見られたが、高い集中力と体を張った守備でゴールを許さず、日本が3-1で韓国に勝利。この結果、史上初のベスト4進出を決めた。なお、準決勝はドイツvsノルウェーの勝者と激突する。

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO