2012.08.27

スイス代表監督「日本のようなプレーをすることが目標」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は26日、U-20女子ワールドカップのグループAの第3戦でU-20スイス女子代表と対戦。引き分け以上でグループリーグ突破が決まるなか、田中陽子らのゴールで4-0と圧勝し、グループA首位で決勝T進出を果たした。

 試合後に、スイス代表のシュベリー監督は以下のように語った。

「まずは、今回対戦した日本チームに対して祝福を言いたいと思います。おめでとうございます。日本の選手たちは本当によくプレーをしたと思います。私はと ても感動いたしました。あのフリーキックの素晴らしさ、これはもう称賛に値します。このようにサッカーができたら、さぞや楽しいだろうと思います。私達に とって、日本のようなプレーができることは目標だと思います。本当に、おめでとうございます」

「(FKで壁がジャンプしなかった理由は)今までの試合で、壁を作ったDFたちが跳んだことももちろんあります。その跳んだときにちょうどゴールが決まっ てしまったんですね。そういうこともありえるので、壁になっている選手たちが必ずしも跳ぶ必要はないと思っています。ただし、今回、この壁の上を通って ゴールが決まったフリーキックは、本当に素晴らしかったと思います。これに対して、何もできることはないと思います」

「今日の試合では、日本は私達にあまり強いプレッシャーをかけてこなかったと思います。そのおかげで、私達の選手も、ボールを回すことはできました。た だ、残念ながらゴールのチャンスはありませんでした。ほかの試合ではそのチャンスがやってきました。うちのチームは、できることはすべてやりました。た だ、ゴールを果たせなかったので、フラストレーションはたまっております。結構穏やかな夜だったと思います」

「(来日前と日本の印象がどう変わったか)私自身は、今回6月のドローの時点で既に来日しています。その頃にも既に日本という国、様々な町、いろいろな 人々が、私を魅了して止みませんでした。今回、試合の後に、大勢の方が拍手をくださいました。そのなかの1人が、日本のシャツと私のシャツを『交換してく ださい』と言っていらっしゃって、『喜んで』と言って交換したのですが、このシャツはちょっと私には小さいのですが、ありがたくいただきました。とにか く、拍手をしてくださったこと、それから、多くの方が “Thank You” とか『あなたのチームはよくプレーしてくれた』とか言ってくれたのです。それはすごく嬉しかったのです。私自身は5歳からサッカーをしていて、37年間 サッカーに携わっておりますが、今回の日本での経験が、今までで最も感動的で、最も素晴らしい瞬間でした。この場をお借りしまして、今回にこの大会を運営 してくれたFIFA(国際サッカー連盟)の方々、日本の全国の方々にお礼を申し上げたいと思います。チームの選手たちも、信じられないほどの感激を受けて います。日本の方々は本当に親切で、私達に優しくしてくれました。私自身にとっては、日本がずっと心に焼き付くと思います」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
山形
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
30pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング