2012.08.27

決勝Tへの意気込みを語る猶本光「負けられない戦いが続きます」/U-20女子W杯

グループAを首位で突破したヤングなでしこ

 引き分け以上でグループリーグ突破が決まるU-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は26日、スイスと対戦。田中陽子らのゴールで4-0と圧勝し、グループA首位で決勝T進出を果たした。

 ダメ押しとなるPKを決めたMF猶本光は試合後、「4点を取って勝てたけれど、まだ(グループリーグを)通過しただけ。次からは負けられない戦いが続きます。(準々決勝の相手が韓国で)同じアジアの相手だし、絶対に負けたくない相手です。この試合も含めて一試合一試合でいいゲームをしていきたい。自分自身は周りとタイミングがずれるなどして、パスミスも多かったのが反省点です。もっと判断をしっかりしてプレーできればよかった。自分はボランチなのでチームのバランスを整えるのが第一ですが、その中でもやはり点は狙っていきたい。(PKは)吉田さんからも『もっと楽にやれ』とは言われていたのですが、どうしてもゴールしたかったので行きました」とコメント。準々決勝の韓国戦への意気込みも口にしている。

 また、途中出場ながら3点目を決め期待に応えたFW西川明花は「入るときは『どんどんゴールを狙っていけ』と言われていたので、その通りに積極的に狙っていきました。思い切って打ったシュートが入ったので、それは素直に嬉しかった。チーム全体で、だんだんみんなの調子が上がっています。準々決勝も準決勝も勝って、決勝の舞台に立ちたい」

 DF浜田遙は「今日は攻撃参加を考えて前に出るようにしたのですが、ボールが来なくてシャトルランみたいに(素走りで上下動するように)なってしまいました。監督からは『タイミングを見て上がるように』と言われていたので、ただ上がるのではなくタイミングを見ていましたが、自分のタイミングが違ってしまったのが反省点です」と反省点を語った。

[写真]=足立雅史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
水戸
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
藤枝
31pt
北九州
30pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング