2012.08.27

勝利を手繰り寄せる両足FK弾を決めた田中陽子「楽しくプレーすることができた」/U-20女子W杯

左右両足でFK弾を決めた田中陽子

 引き分け以上でグループリーグ突破が決まるU-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は26日、スイスと対戦。田中陽子らのゴールで4-0と圧勝し、グループA首位で決勝T進出を果たした。

 以下、田中陽子の試合後コメント。

「決勝トーナメント進出に関わる大事な試合で、点を取れて勝てたことは良かったです。ゲーム内容としてはまだまだ課題が残るのですが、それは映像を見ながら反省して、次の試合で韓国には勝ちたい」

「(先制点となったFKの場面は)監督が(横山に蹴るように)指示を出しているということは、全然聞こえませんでした(笑)。(横山)久美と話して決めました。あまり力を入れず蹴ろうと思っていて、狙いどおりに入って良かったです」

「私と(猶本)光でボランチを組んでいて、ひとりが上がったらリスクマネジメントをしようという感じでやっていて、そういう意識でしたが、やはり何度か抜かれることがありました。ゴール前になっても相手がつなごうと意識してくれたのでなかなかシュートにはならなくて相手に助けられた部分もあるので、そういうところはもっと徹底的にふたりで話し合ってやっていきたいです。あのような大観衆の前でやるのは生まれて初めてで、それを国立で経験できるのは非常に大きいことです。試合をやる前から楽しみで、実際にプレーしてみて、声援が後押しになって、楽しくプレーすることができました」

「韓国は同じアジアとして、プレースタイルも似ているし、粘り強いし、戦いづらいとは思いますけれど、そういうタフな試合でも自分たちのしかけるところや運動量などを生かして、何が何でも、どういうかたちでも勝ちを取りに行きたいです」

 

[写真]=足立雅史

 

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
水戸
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
藤枝
31pt
北九州
30pt
Jリーグ順位をもっと見る