2012.08.23

引き分けをプラスにとらえる猶本光「チームが一つにまとまると思う」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は22日、U-20女子ワールドカップのグループA第2戦でニュージーランドと対戦。序盤に2点のリードを奪われるものの、田中陽子、道上彩花のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 以下、猶本光の試合後コメント。

「勝ちきれなかったのはすごく悔しいですけど、予選通過をすんなり決めるよりは、これを機にまたチームがまとまると思うので、よかったといえばよかったかな、と思います」

「ニュージーランドの選手を90分通して逆転できればいいと思っていたので、どんどんサイドに散らして疲れさせて、そこでゴールが生まれればいいと思っていました。前半のうちに追いつきたかったのですが、1点ビハインドで終わったのは、私としては嫌な予感もありました。ハーフタイムには『まだ大丈夫』という声かけをしました」

「グラウンドが滑る状況で、チーム全体にパスミスが多かった。リズム悪く入ってしまったので、そこは反省すべき点です。失点を早い段階でしないこと、そして前半でもっと相手を揺さぶることに課題がありました。ビハインドに対してチームとして焦りはありましたが、前にフランス遠征でB代表とやったときにまだ20分あるのに焦ったことがあって、その反省は生かせたかなと思います。2点ビハインドからの引き分けは良かったのかもしれませんが、もっと点を取れたし、2点は防げたものですから納得はしていないです」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る