2012.08.23

1ゴール1アシストの田中陽子「課題ばかりのゲーム」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は22日、U-20女子ワールドカップのグループA第2戦でニュージーランドと対戦。序盤に2点のリードを奪われるものの、田中陽子、道上彩花のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 以下、田中、西川明花の試合後コメント。

■田中陽子
「もっとサイドを有効活用すればよかったということを、試合後みんなで言っていました。最初の勢いに乗れず、(相手には)強さでやられてしまいました。失点も、もっと組織的にやっていれば防げたものだと思っています。(自身の得点は)気持ちのゴールでした。自分のミスもあったし、絶対に追いつこうと思っていました。初戦が快勝だったので2戦目はうまくいかないかと思ってはいたけれど、本当にうまくいかなかったのは悔しい。課題ばかりのゲームでした」

■西川明花
「2点のビハインドになりましたが、もっと精度を上げて自分たちのサッカーをやっていけば逆転できると信じてやっていました。(道上が決めて)うれしかったですけど、もう1点を取っていこう、という感じでした。(自身の投入時には)自分にとって初めての世界大会で緊張はありましたが、絶対にやってやろうと思っていました。緊張とか喜びとかよりも、とにかく『やってやる』という感じでした」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る