2012.08.23

同点弾でチームを救った道上彩花「絶対いつか決まると信じていた」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は22日、U-20女子ワールドカップのグループA第2戦でニュージーランドと対戦。序盤に2点のリードを奪われるものの、田中陽子、道上彩花のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 以下、道上、藤田のぞみの試合後コメント。

■道上彩花
「勝てなかったのは悔しいけれど宮城で決められて良かった。『絶対いつかは決まる』と自分を信じてやっていたので、それが実って良かったと思います。もっと次はしっかりディフェンスもして、もっと点を取り勝っていきたい」

■藤田のぞみ
「第1戦の結果から切り替えてやってきたつもりでしたが、厳しい試合になってしまいました。今日のような失点は、これからも起こり得るもの。これを早いタイミングで経験できたということを受け止め、次につなげていかなければならない。自分たちに自信をつけるためにも、下を向かずに次に行きたい。もう1点取れれば良かったけれど、追いつけたということも大事」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る