2012.08.23

田中陽を称賛するニュージーランド監督「彼女のような選手を育てていきたい」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は22日、U-20女子ワールドカップのグループA第2戦でニュージーランドと対戦。序盤に2点のリードを奪われるものの、田中陽子、道上彩花のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

 以下、ニュージーランドのマクファーランド監督のコメント。

「今日の試合の結果はU-20の女子サッカーというだけでなく、ニュージーランドのサッカーにとっても画期的な結果だったと思います。というのは、日本戦で初めて結果を出すことができたからです。これによってチームの選手たちも自信を持ったと思いますし、また、自分たちの個性を強く押し出すことができた試合だったのではないかと思います」

――得点は日本の弱点を突いた形だったが、試合前からの計画通りだったか?

「最初のゴールはセットプレーからだったと思いますが、ああいった状況になったときには、私たちの強みである高さと強さを生かしていこうと決めていました。ただ、幸運もあったと思います。うまくボールが跳ねてくれたので、そこで入れることができました。二つ目は、できるだけポジティブにいこう、ということで、ディフェンスラインをなるべく押し上げて、私たちがボールを取ったときにはなるべく早く、私たちの強みであるFWの選手に回せるように、という作戦でした」

――日本で1ゴール1アシストの、田中陽子選手の印象を教えてください。

「素晴らしい選手だと思いました。あとで入った柴田(華絵)選手も同じようなトップ下のポジションだったと思うのですが、ニュージーランドとしてはあのような能力を持った選手をぜひ育てていきたいと憧れています。ボールを、自信を持って持ち続けることができて、コンパクトな狭い場所であってもうまく動かしていける、そしてその機会を最大限に生かすことができるあの選手を素晴らしいと思います」

――足が止まってきた頃の日本の2点目は精神的にもきついものでしたが、そこから引き分けに持ちこめた要因は?

「ニュージーランドの特性として、私たちのチームはネバーギブアップの精神のもとで強いエネルギーを持ったチームです。それもありますし、また、日本はボールキープが非常に得意なので、そのキープ力にニュージーランドは叶わないわけですから、必然的に走らなければいけないわけです。走らなければいけないことで、鍛えられていると言えます。あとは幸運もあったと思います。最後のところで(ゴール)ラインを越えて日本に3点目が入ったかと思われた瞬間に、ホリー(パターソン)がその前でクリアし防いでいました。これは幸運があった、ということだと思います」

 

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る