2012.08.20

先制ゴールを決めた柴田華絵「みんなが自信を持っている」/U-20女子W杯

 U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)は19日、U-20女子ワールドカップのグループA初戦でメキシコと対戦した。日本は序盤から試合を優位に進めると、32分に柴田華絵のゴールで先制。後半に入ると猶本光らが得点を重ね、4-1で快勝した。

 

 試合後、U-20日本女子代表の先制ゴールを決めた柴田が以下のように語っている。

 

「初戦ということで選手の緊張もあったと思います。最後に失点してしまったのですが、勝点3を取れたことが大きかったと思います。細かいタッチが得意なので、隙を見て前を向く仕掛けとか得点につながるプレーをもっと出して、できるだけ試合に多く出たいです」

 

「(チームワークについて)みんな試合に出たいと思っていますが、そのなかでスタメンで出られる人もそうでない人もいます。自分が出たくても、出る人に『頑張ってね』と言えるベンチの選手がいたり、途中出場の選手がいいプレーをしたら『良かったね』とみんなで声をかけ合える。それがこのチームの強さだと思います」

 

「(どんな気持ちでピッチに入ったか?)私自身は緊張していなかったと思うのですが、みんながプレーに自信を持っているので、緊張感を楽しめるようなところもあると思います」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る