2012.08.11

澤穂希「指導者への道は、今の時点では考えていない」/帰国後コメント

 ロンドン・オリンピックで過去最高記録となる銀メダルを獲得したなでしこジャパンが11日、成田空港着の飛行機で帰国した。

 出発便はエコノミークラスだったが、オリンピックでの活躍でビジネスクラスに格上げとなったなでしこ。成田空港では大勢のファンが温かく出迎えた。

以下、澤穂希のコメント。

――今後については?
「オリンピックでメダルという結果を残すことができた。これから、チームに帰ってリーグ戦とカップ戦、全日本選手権がある。気持ちを切り替えて所属チームで結果を残すということを考えている。今回の結果はU-20ワールドカップへの励みになると思う。私と宮間はアンバサダーでもあるし、サポートしていきたい」

――指導者への道に進む可能性は?
「ない。今の時点では考えていない」

――佐々木監督とは話をしたか?
「まあ、特には。色々ありがとうな、といった感じだった」

――ワールドカップ以降、相手からマークされる立場となった1年だったが?
「忙しくて、怒涛の1年になった。自分もケガや病気でサッカーをできない時期があったから、色々な思いがあった。でも、またみんなと一緒にサッカーができて、オリンピックの決勝の舞台に立つこともできたからうれしかった」

――決勝戦でのパフォーマンスはどうだったか?
「去年のワールドカップの時などに比べて、自分たちが試合をコントロールできた時間帯も多かった。アメリカの方が“落ち着こう”と言ってバタバタしている状況もあった。そういう状況を自分たちが作ることができたし、シュートチャンスも多かった。ただ、失点するのが早く、そこは課題として残った。でも、なでしこのやれることが増えたし、成長を感じることができた」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る