2012.08.10

米メディアがなでしこらを称賛「聖地で美しいサッカーが行われた記念すべき夜」

試合後には号泣した宮間だがなでしこのプレーが色褪せることはない

 なでしこジャパンは9日、ロンドン・オリンピック決勝でアメリカと対戦し、1−2で敗れた。しかし、勝者のアメリカだけでなく、高いパフォーマンスを示した日本に対しても称賛の声が挙がっている。

『ESPN』は世界女王決定戦について、「ウェンブリースタジアムには、オリンピックの女子サッカー史上最多となる80,203人の大観衆が詰めかけた。日本とアメリカはどちらも攻守の切り替えが素早く、一瞬たりとも目が離せないサッカーを繰り広げ、改めて両チームがトップレベルのチームであることを証明してみせた」と報道。決勝戦に相応しい戦いぶりだったと評した。

 さらに、「イングランドにおいて女子サッカーはまだまだ成長段階にある。しかし昨夜は、聖地ウェンブリーで美しいサッカーが行われた記念すべき夜となった」と、聖地で行われる戦いに相応しい試合だったと、両チームを称えた。

 

[写真]=Getty Images

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る