2012.08.09

なでしこ、運命のアメリカ戦へ…佐々木監督「最後は勝ちたいという気持ち」/ロンドン五輪

決勝戦前日練習のムードは最高潮。なでしこジャパンがロンドンの地で、大輪の花を咲かせる

 金メダルをかけてアメリカ女子代表と決勝で対戦するなでしこジャパンは8日、ロンドン郊外の練習場で冒頭15分以外を非公開にして最後の調整を行った。 この日は現チームとしては最後の練習ということで、選手やスタッフは練習後に記念写真を撮るなど少々感傷的なムードも漂っていたが、全体的には笑顔も多 く、チームのムードは最高潮といっていい。

 今年4回目の対戦となるアメリカの強さは、佐々木則夫監督が今さら選手に伝えることでもない。ワンバックとモーガンという世界屈指の強力2トップをいか に封じるかが、なでしこの金メダル獲得最大のカギになる。そのための注意点は多い。6月のスウェーデン遠征ではロングボール主体のパワー攻撃に圧倒され、 早々に失点してリズムを失った。熊谷紗希は「絶対に前半を失点ゼロで抑える。向こうが元気なうちに点を取られると苦しくなるから」としたうえで「モーガン はただ速いだけの選手ではないが、体を当てて行ければ自分にもチャンスがある」と対策にも自信を持っている。

 4度目のオリンピックで初のメダル獲得を確定させた澤穂希は「オリンピックの決勝は特別なもの。まさかここに立てるとは。ノリさんとは一緒に世界一になろうと声を掛け合ってきた。その集大成の試合でぜひ金メダルをかけてあげたい。そして恩返ししたい」と意気込みを示した。今大会直前に復帰し、体調もピーク。「そろそろ点に絡むプレーがしたい」と得点への意欲も強く持てるようになった。

 佐々木監督は午前の練習後、世界中の記者が集まっているオリンピック会場内のメインプレスセンターで公式会見に臨んだ。主将の宮間あや、福元美穂、大儀 見(旧姓:永里)優季とともに200人以上が詰め掛ける会場の壇上で「明日は選手の勝とうという気持ちが結果につながると信じている。闘争心を持って戦っ てくれるだろうと僕も期待しているので、ぜひみなさんも期待してください」と胸を張った。

 ワンバックとモーガン対策についてさまざまな質問も受けたが「最後は勝ちたいという気持ちがどちらにあるか。ワールドカップの雪辱をしたいというアメリカのメンタルが強くなるのか、日本の選手が一丸となって思いを高めて表現できるのか。『強い者が勝つのでなく、勝った者が強い』とベッケンバウアーも言っ ていた。日本の成長度を最終章としてどれだけ見せられるのかが楽しみ」と精神力の勝負を強調した。

 金メダルを逃した場合についての質問を受けたが「もちろん、限りなく金メダルを目指すというのはあるが、仮に銀メダルとなったとしても、漢字で『銀』は 『金よりも良い』と書くので、それがなでしこの将来につながるかもしれない」と独特の「ノリオ節」で世界に語りかけた。隣にいた宮間は「私も金メダルを獲 ることしか考えたことがない」と強気に言い放った。泣いても笑ってもあと一戦。なでしこジャパンがロンドンの地で、大輪の花を咲かせる。

[写真]=Getty Images

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る