2012.08.04

先制点の大儀見優季「ゴールはチームの一体感を感じられた」/ブラジル戦

先制点を挙げ、喜ぶ大儀見 [写真]=Getty Images

 なでしこジャパンは3日、ロンドン・オリンピックの準々決勝でブラジルと対戦。大儀見(旧姓 永里)優季、大野忍の得点で2-0と勝利した。

 なでしこジャパンの大儀見は、試合後に以下のように語った。

「20分耐えられたのは大きい。その中で生まれたゴールだったので、チームにいい流れが生まれた。自分たちがボールを保持している時間が短いので、そこまで受けに入らなくていい時間になった。その分、フィニッシュに関する感覚が研ぎ澄まされていて、パワーにもなった」

「今までチームと自分がやってきたことがうまくいかず、悩みもある中でやってきて、1戦目と2戦目もDFが集中して頑張ってくれた印象が残っていた。だからゴールの時はチームとしての一体感を感じられた瞬間だった。それは今までにない感覚だった。フランスともう1回やれるのは個人的にうれしい。(親善試合では)あそこまで何もさせてくれなかったDFは久しぶりだった。それをどう攻略していくか、楽しみにしていきたい」

 準決勝進出を決めた日本は6日にフランスと対戦。あと1勝で、悲願のメダル獲得が確定する。

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る