2012.08.04

4強入りのなでしこ佐々木監督「勝ちたい意欲が途切れなかった」/ブラジル戦

 なでしこジャパンは3日、ロンドン・オリンピックの準々決勝でブラジルと対戦。大儀見優季、大野忍の得点で2-0と勝利した。

 なでしこジャパンの佐々木則夫監督は、試合後に以下のように語った。

「耐えに耐えながら相手のスキをつくサッカーになった。よく結果を出してくれた。選手はよくやってくれた。もっとボールを動かせると思ったが、相手の身体能力、技術、パスワークにしてやられた」

「(次に向けてやるべきことは)まずはコンディション(調整)でしょう。しっかり整えながらフランス戦に臨むしかない。あと、ボールを奪った時にサポートが非力になっている。内的プレッシャーもあるが、大きな舞台で結果を出さないといけないので、積極的なことを醸しながらやっていく。今日も(ブラジルに) 守備の穴があったが、つききれなかった。数少なく(スキを)ついたところで得点が取れた。次はもっと積極的にやらせたい」

「(ハーフタイムの指示は)ブラジルと英国の(1次リーグ最終戦の)試合で(ブラジルは)最後スタミナが落ちた。ハードワークしていたから、もう少し相手の間に入れ、と。勇気をもってボールを動かせ。リトリートのカウンターをしようと言った。選手は我慢しながらやってくれた」

「(大儀見の評価は)得点を取って結果を出してくれた。厳しい状況でも守備に攻撃にハードワークしてくれた」

―ブラジルのバルセロス監督が「日本は勝利に値しない」と言っていたが
「ブラジルは非常にいいチームだった。予想よりもいいチームだった。いろんな意味でジャッジすれば、質はブラジルのほうが上だった。でも、五輪の戦いはどんなことが起こるかわからない。日本は徹底して勝ちたい意欲が途切れなかった。我々はウェンブリーにいくべきだと思う」

 準決勝進出を決めた日本は6日にフランスと対戦。あと1勝で、悲願のメダル獲得が確定する。

 

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る